【新品と中古を比較!】あなたの会社にあったビジネスフォンの選び方~中古の場合~

店舗ビジネスラボは店舗ビジネスオーナーが対面する課題に対して、
役立つ記事やサービスの提供をしていきます。

今だけ期間限定。
成功者は必ず知ってる
【社長の知恵袋 358】
をメールで受け取る

今すぐご連絡は

Tel:0120-7919-39

mailaddress

無料説明会&相談会申込み

直接詳しい話が聞きたい!記事だけではよくわからない..。といった方向けに
無料説明会を随時開催しております。
お気軽にご連絡ください。

ビジネスフォンページへ

ビジネスフォン資料請求の
お申し込みはこちらから

By   /  2014年12月26日  /  【新品と中古を比較!】あなたの会社にあったビジネスフォンの選び方~中古の場合~ はコメントを受け付けていません。

Pocket
LINEで送る
LinkedIn にシェア

ビジネスフォンを導入するなら
コストを抑えたい……

それが経営者の本音ですよね。

新品のビジネスフォンは性能が良い分
コストもかかります。

では、中古のビジネスフォンが合っているのは
どんな会社や店舗なのでしょうか?

今回は、中古のビジネスフォンの特徴と
マッチする会社の特徴についてお伝えします。

→新品のビジネスフォンの特徴とマッチする会社はこちら

【中古のビジネスフォンの特徴】

  • コストが新品の4分の1から5分の1に抑えられる
  • 基本的なビジネスフォンの機能を兼ね備えている
  • 使い方や取り扱い方法がインターネットで検索できる

 

中古と新品を比べたときに
中古の大きなメリットとなるのは

本体価格のコストを抑えられることです。

それに

保留・内線・転送といった
基本的な機能については

中古だからといって新品に劣る
というわけではありません。

発売から2~3年の機種が
中古で販売されているので

最新のビジネスフォンにしかない
機能を求めない限りは

中古でも十分に
ビジネスフォンの機能を果たします。

また、すでに販売されている機種の場合は

インターネットで検索すれば
取扱説明書が見つかります。

ですから

取り扱いの方法がわからなくて
使いづらいということはありません。

【中古のビジネスフォンがマッチする会社の特徴】

  • とにかくコストを抑えたい
  • 新規事業を立ち上げたばかりである
  • 現在のところは会社や店舗に関わる人数が少ない
  • 取引先や顧客からの電話がそれほど多くない
  • あまり電話を頻繁に使わない

 

新規事業を立ち上げたばかりで
まずは少人数でスタートする場合は

中古のビジネスフォンが適しています。

たとえば

事業が軌道に乗って、社員数が増えたときなどに
中古から新品に切り替えることもできます。

長期的に同じ場所で
業態を変えずに事業をする場合は

新品を導入するのも良いですが

少人数の会社で事業の業態にも
これから変化が予想される場合は

最初は中古のビジネスフォンを
導入するのがおすすめです。

ただ、中古のビジネスフォンにも
デメリットはあります。

メーカーの保証がないので
6年以内に壊れた場合は違う電話機を

導入しなければなりません。

しかし、外出する社員が多く

顧客からの電話も少ない会社なら
あまり心配しなくても良いでしょう。

それから

中古の機種はフラッシュバックメモリでの
データ保存がされないため

停電などでデータが
消えてしまう可能性があります。

内線や短縮ダイヤルなどを頻繁に使い
登録数も多いようならデータの保存が必要ですが

データ数が少ないようなら

データの保存方法は
それほど重要ではないといえます。

いかがでしたか?

やはり、新品の方が性能が良い
というのが事実ですが

中古のビジネスフォンも十分に機能します。

会社の事業や電話を使う頻度などに合わせて
電話機を選んでみてください。

Pocket
LINEで送る
LinkedIn にシェア

ビジネスフォンページへ

ビジネスフォン資料請求の
お申し込みはこちらから

今すぐご連絡は

Tel:0120-7919-39

mailaddress

無料説明会&相談会申込み

直接詳しい話が聞きたい!記事だけではよくわからない..。といった方向けに
無料説明会を随時開催しております。
お気軽にご連絡ください。

■店舗ビジネスオーナーが対面する課題

  • 1.立地と場所
    ・いい場所はなかなか無くて、良いと思う場所は賃料が高い
    ・家賃は固定費となり、それ以上の収益を上げる必要がある
  • 2.集客
    ・奥まった場所や一本入った場所で契約した場合、店舗に来てもらう必要がある
    ・看板、チラシ、Webサイト、ティッシュ配り、紹介、デジタルサイネージ、ラジオ、テレビなどなんとかして1回目来てもらう集客をする必要がある
  • 3.リピート顧客化
    ・1回来てくれたお客さんを2回目、3回目来てもらう必要がある
    ・口コミで苦労せずに集客が増えていく仕組みが必要
  • 4.組織作り
    ・良い従業員教育が必要
    ・辞める従業員や、不正をする従業員に振り回されるないような組織づくりが必要
  • 5.理想と現実
    ・最終的には広告費をかけずに、ファンが口コミをしてくれて集客に困らないのが理想
    ・麻薬のようなフリーペーパーのクーポン広告を辞めたい
  • 6.外部パートナーの活用
    ・全て自分たちだけでやるのは難しいが、頼りきるもの怖い
    ・できれば自分たちだけでできるようになれば辞めたい

店舗ビジネスラボは上記のような課題に対して、役立つ記事やサービスの提供をしていきます。

今だけ期間限定。
成功者は必ず知ってる
【社長の知恵袋 358】
をメールで受け取る

You might also like...

意外と知られていない!? 店舗で防犯カメラを活用する3つの方法

Read More →