【格安新品ビジネスフォン】リース契約の仕組みとメリット・デメリット

店舗ビジネスラボは店舗ビジネスオーナーが対面する課題に対して、
役立つ記事やサービスの提供をしていきます。

今だけ期間限定。
成功者は必ず知ってる
【社長の知恵袋 358】
をメールで受け取る

今すぐご連絡は

Tel:0120-7919-39

mailaddress

無料説明会&相談会申込み

直接詳しい話が聞きたい!記事だけではよくわからない..。といった方向けに
無料説明会を随時開催しております。
お気軽にご連絡ください。

ビジネスフォンページへ

ビジネスフォン資料請求の
お申し込みはこちらから

By   /  2015年1月6日  /  【格安新品ビジネスフォン】リース契約の仕組みとメリット・デメリット はコメントを受け付けていません。

Pocket
LINEで送る
LinkedIn にシェア

ビジネスフォンを導入する
コストは抑えたいけれど

せっかくビジネスフォンを使うのだから
中古ではなく新品の機種を使いたい!

そんなときに

初期費用を抑えて新品のビジネスフォンが
使える方法があります。

それが、リース契約です。

今回は、リースのメリットと
デメリットについてお伝えします。

◆リースの仕組み

ビジネスフォンをリース契約する場合

リース会社が新品のビジネスフォンを購入して
契約者がそのビジネスフォンを使用します。

毎月、一定の使用料をリース会社に支払い

リース期間が終われば、
ビジネスフォンを返却します。

リース契約の代表的な例にはコピー機があり

会社や店舗でリース契約しているものは
他にもあるでしょう。

◆リース契約のメリット

コストを抑えて新品のビジネスフォンが使えるのが
リース契約の最大のメリットです。

また、たとえ中古のビジネスフォンであっても
購入するとなるとコストがかかります。

しかし、リースの場合は月額の使用料さえ
用意できればいいので

初期費用がカットできます。

ですから、新規で事業を立ち上げるときなど
さまざまな面でお金がかかるときは

ビジネスフォンにかかるお金を
他に回すことができます。

それから、リースの使用料は経費として認められ

電話機はリース会社が所有するため
固定資産税がかからないというメリットもあります。

◆リース契約のデメリット

リース契約の特性として、
途中解約が認められないことは

業態が変わりやすい場合には
ネックになるでしょう。

契約期間や使用料は相談の上で
決めれば問題ありませんが

途中契約をする可能性が高い場合は

まずは中古のビジネスフォンを
購入するのも良いかもしれません。

また、リース契約でビジネスフォンを使用する場合
新品の機種を分割購入するのと同じですが

リース期間が終わると返却しなければなりません。

さらに、本体価格の他に、金利、保険料、税金、
手数料などがかかるため

本体を一括で購入するより
割高になってしまいます。

いかがでしたか?

リース契約は、新品のビジネスフォンの機種を
安い月額使用料で使えるという良さがあります。

ただ、トータルで考えると新品を購入するよりも
コストがかかるといえます。

ですから、ご自身の事業や予算に合ったかたちで

購入または
リース契約を選択することが大切です。

まずは専門家に相談して
費用を試算することから始めましょう。

ビジネスフォン導入をご検討中の方にとって

この記事が少しでも
お役に立てればうれしいです。

Pocket
LINEで送る
LinkedIn にシェア

ビジネスフォンページへ

ビジネスフォン資料請求の
お申し込みはこちらから

今すぐご連絡は

Tel:0120-7919-39

mailaddress

無料説明会&相談会申込み

直接詳しい話が聞きたい!記事だけではよくわからない..。といった方向けに
無料説明会を随時開催しております。
お気軽にご連絡ください。

■店舗ビジネスオーナーが対面する課題

  • 1.立地と場所
    ・いい場所はなかなか無くて、良いと思う場所は賃料が高い
    ・家賃は固定費となり、それ以上の収益を上げる必要がある
  • 2.集客
    ・奥まった場所や一本入った場所で契約した場合、店舗に来てもらう必要がある
    ・看板、チラシ、Webサイト、ティッシュ配り、紹介、デジタルサイネージ、ラジオ、テレビなどなんとかして1回目来てもらう集客をする必要がある
  • 3.リピート顧客化
    ・1回来てくれたお客さんを2回目、3回目来てもらう必要がある
    ・口コミで苦労せずに集客が増えていく仕組みが必要
  • 4.組織作り
    ・良い従業員教育が必要
    ・辞める従業員や、不正をする従業員に振り回されるないような組織づくりが必要
  • 5.理想と現実
    ・最終的には広告費をかけずに、ファンが口コミをしてくれて集客に困らないのが理想
    ・麻薬のようなフリーペーパーのクーポン広告を辞めたい
  • 6.外部パートナーの活用
    ・全て自分たちだけでやるのは難しいが、頼りきるもの怖い
    ・できれば自分たちだけでできるようになれば辞めたい

店舗ビジネスラボは上記のような課題に対して、役立つ記事やサービスの提供をしていきます。

今だけ期間限定。
成功者は必ず知ってる
【社長の知恵袋 358】
をメールで受け取る

You might also like...

意外と知られていない!? 店舗で防犯カメラを活用する3つの方法

Read More →