Loading...
You are here:  Home  >  読み解く~常連客の行動心理&ファンづくり~  >  Current Article

自分のファン(ロイヤルカスタマー)を獲得するための3つの心得

店舗ビジネスラボは店舗ビジネスオーナーが対面する課題に対して、
役立つ記事やサービスの提供をしていきます。

今だけ期間限定。
成功者は必ず知ってる
【社長の知恵袋 358】
をメールで受け取る

今すぐご連絡は

Tel:0120-7919-39

mailaddress

無料説明会&相談会申込み

直接詳しい話が聞きたい!記事だけではよくわからない..。といった方向けに
無料説明会を随時開催しております。
お気軽にご連絡ください。

By   /  2014年6月30日  /  自分のファン(ロイヤルカスタマー)を獲得するための3つの心得 はコメントを受け付けていません。

Pocket
LINEで送る
LinkedIn にシェア

あなたが提供するサービスや商品のリピート顧客を獲得するためには

ロイヤルカスタマーを作ることが大切です。

 

ロイヤルカスタマーとは、ある商品や企業のサービスに対して

忠誠度の高い顧客のことを指します。

 

つまり、ロイヤルカスタマーはあなたのコアなファンであり

ロイヤルカスタマーが増えることにより売上が安定します。

 

ここでは、お客様にロイヤルカスタマーになっていただくための

3つの心得をお伝えします。

 

1.ひとりひとりの顧客とコミュニケーションをとる

誰に対しても同じサービスでは、顧客の心には響きにくいものです。

ダイレクトメールや手紙を書くときなども

顧客の名前やメッセージを個別に書き添えることが大切です。

 

また、それだけでは一方的なメッセージになってしまうため

メールで商品の感想や近況をたずねるなど
顧客との言葉のキャッチボールをすることがポイントです。

 

そうすることで、「自分のことを気にかけてくれている」と感じます。

これが、新規顧客からリピート客へと変わる最初の一歩です。

 

2.リピーターだけの特別なサービスを提供する

商品やサービスを気に入ってリピートしてくれるお客様には

より特別なサービスを提供するといいでしょう。

 

最も身近な例として、ポイントカードやメール会員などがあります。

 

ただし、特別感というのは何も値引きをすることだけではありません。

会員専用のwebサイトや限定商品・サービスなどを提供することで

新規顧客と一線を画す存在であるというスペシャル感が生まれます。

 

そういったサービスを提供することにより

リピート客との付き合いが続き、ロイヤルカスタマーが誕生します。

 

3.口コミで伝えたくなる仕組みをつくる

「本当に気に入っているサービスや商品は人に話したくない」

 

そんな心理が働くときは、あまり口コミは広がらないものです。

 

しかし、ロイヤルカスタマーの声を反映した商品・サービスをつくったり

商品の開発に参加してもらうといった「一体感」を生むことにより

人にすすめたり、話したくなる商品をつくることができます。

 

口コミをしてもらえるのを期待するのではなく

思わず人に話したくなる仕掛けをつくるということです。

 

いかがでしたか?

 

これらの心得は、顧客をロイヤルカスタマーに育てる方法です。
しかし、忘れてはいけないのは戦略やその方法よりも

 

「お客様にもっと満足してもらいたい」

 

というあなたの真心です。

 

その気持ちがお客様に伝わったとき

ロイヤルカスタマーが生まれるということです。

 

お客様の立場になって満足してもらえる方法を考えれば

お客様はあなたのロイヤルカスタマーになってくれるでしょう。

 

Pocket
LINEで送る
LinkedIn にシェア

今すぐご連絡は

Tel:0120-7919-39

mailaddress

無料説明会&相談会申込み

直接詳しい話が聞きたい!記事だけではよくわからない..。といった方向けに
無料説明会を随時開催しております。
お気軽にご連絡ください。

■店舗ビジネスオーナーが対面する課題

  • 1.立地と場所
    ・いい場所はなかなか無くて、良いと思う場所は賃料が高い
    ・家賃は固定費となり、それ以上の収益を上げる必要がある
  • 2.集客
    ・奥まった場所や一本入った場所で契約した場合、店舗に来てもらう必要がある
    ・看板、チラシ、Webサイト、ティッシュ配り、紹介、デジタルサイネージ、ラジオ、テレビなどなんとかして1回目来てもらう集客をする必要がある
  • 3.リピート顧客化
    ・1回来てくれたお客さんを2回目、3回目来てもらう必要がある
    ・口コミで苦労せずに集客が増えていく仕組みが必要
  • 4.組織作り
    ・良い従業員教育が必要
    ・辞める従業員や、不正をする従業員に振り回されるないような組織づくりが必要
  • 5.理想と現実
    ・最終的には広告費をかけずに、ファンが口コミをしてくれて集客に困らないのが理想
    ・麻薬のようなフリーペーパーのクーポン広告を辞めたい
  • 6.外部パートナーの活用
    ・全て自分たちだけでやるのは難しいが、頼りきるもの怖い
    ・できれば自分たちだけでできるようになれば辞めたい

店舗ビジネスラボは上記のような課題に対して、役立つ記事やサービスの提供をしていきます。

今だけ期間限定。
成功者は必ず知ってる
【社長の知恵袋 358】
をメールで受け取る

About the author

tsp

店舗ビジネスラボの運営を行う。

You might also like...

リピート率を上げるために顧客に思い出して貰うことの重要性

Read More →