Loading...
You are here:  Home  >  費用をかけずにスタッフ採用が出来る方法  >  Current Article

採用担当者が面接で良い人材を見抜くための5つのポイント「態度編」

店舗ビジネスラボは店舗ビジネスオーナーが対面する課題に対して、
役立つ記事やサービスの提供をしていきます。

今だけ期間限定。
成功者は必ず知ってる
【社長の知恵袋 358】
をメールで受け取る

今すぐご連絡は

Tel:0120-7919-39

mailaddress

無料説明会&相談会申込み

直接詳しい話が聞きたい!記事だけではよくわからない..。といった方向けに
無料説明会を随時開催しております。
お気軽にご連絡ください。

By   /  2014年7月18日  /  採用担当者が面接で良い人材を見抜くための5つのポイント「態度編」 はコメントを受け付けていません。

Pocket
LINEで送る
LinkedIn にシェア

あなたの会社に適した人材を見抜くのが面接。

どの業界でも良い人材を採用したい
という思いは同じです。

ところで

面接ではしっかりと志望動機を話していたのに
採用してみたら想像とは違った……

なんて経験はありませんか?

そのようなことがないように
今回は、面接時にチェックすべき

受験者の5つの「態度」についてお伝えします。

1.熱意がある

まず最初にチェックすべきなのは
熱意が伝わってくるかどうかです。

仕事に対する思いだけでなく
面接に臨む態度も重要なポイントです。

志望動機や自己PRは
事前に準備した内容であっても

熱意を込めた話し方をしているかどうかを
チェックするといいでしょう。

2.前向きである

たとえスキルアップのためであっても

「転職」には
ネガティブなイメージがつきものです。

以前の職場に不満があったのではないか?

人間関係がうまくいっていなかったのでは?

成績が良くなったのではないか?

そんなネガティブなイメージを
払拭できる前向きさが

その人の生き方を見極めるポイントです。

前職での失敗と
そこから学んだことを聞いてみるなど

あえてネガティブな質問をすることで
その人の前向き度が見えてきます。

3.誠実である

面接では自分をよく見せたい
という気持ちが働くものです。

しかし、だからといって

知ったかぶりをしたり、
大きく見せようとする人は要注意。

どれだけ経験が豊富でも、
入社すれば新人からのスタートです。

お客様に対して知ったかぶりをするようでは
あなたの会社の信用を落としかねません。

ですから、誠実さや素直さというのは
とても大切な要素です。

「入社後はどれくらい会社に貢献できるか?」
など

面接の段階では断言できないような
質問をしてみましょう。

焦らずにじっくりと考えて
自分なりの答えを出すようなら

その人は誠実な人柄であるといえます。

4.安定感がある

面接での受け答えに安定感がある人は

初対面のお客様とも
信頼関係を築きやすい人です。

表情が朗らかで落ち着きがあり
声がうわずっておらず、トーンが一定であること。

また、目を見て話せるかどうかが
チェックポイントです。

5.自信がある

どんな仕事でも、
自信のない振る舞いをする人は

お客様を不安にさせてしまいます。

面接では人として自分に誇りを
持っているかどうかをチェックします。

これまでの人生に挫折や失敗があったとしても
それを乗り越え、自分なりに学んできた人は

自分に自信を持っているものです。

それは態度にも表れているはず。

虚勢を張ったり、必要以上に
自分を卑下したりせず

堂々とした態度でいるかどうかが大事です。

以前の仕事でいかにキャリアを積んでいても

新しい職場で仕事に慣れるまでには
時間がかかるものです。

そのときに大切なのは、やはり人柄。

「目は口ほどにものを言う」といいますが

言葉だけでなく態度から
見えてくるものがあるので

ぜひ、面接では言葉だけでなく
態度をチェックしてみてください。
 

Pocket
LINEで送る
LinkedIn にシェア

今すぐご連絡は

Tel:0120-7919-39

mailaddress

無料説明会&相談会申込み

直接詳しい話が聞きたい!記事だけではよくわからない..。といった方向けに
無料説明会を随時開催しております。
お気軽にご連絡ください。

■店舗ビジネスオーナーが対面する課題

  • 1.立地と場所
    ・いい場所はなかなか無くて、良いと思う場所は賃料が高い
    ・家賃は固定費となり、それ以上の収益を上げる必要がある
  • 2.集客
    ・奥まった場所や一本入った場所で契約した場合、店舗に来てもらう必要がある
    ・看板、チラシ、Webサイト、ティッシュ配り、紹介、デジタルサイネージ、ラジオ、テレビなどなんとかして1回目来てもらう集客をする必要がある
  • 3.リピート顧客化
    ・1回来てくれたお客さんを2回目、3回目来てもらう必要がある
    ・口コミで苦労せずに集客が増えていく仕組みが必要
  • 4.組織作り
    ・良い従業員教育が必要
    ・辞める従業員や、不正をする従業員に振り回されるないような組織づくりが必要
  • 5.理想と現実
    ・最終的には広告費をかけずに、ファンが口コミをしてくれて集客に困らないのが理想
    ・麻薬のようなフリーペーパーのクーポン広告を辞めたい
  • 6.外部パートナーの活用
    ・全て自分たちだけでやるのは難しいが、頼りきるもの怖い
    ・できれば自分たちだけでできるようになれば辞めたい

店舗ビジネスラボは上記のような課題に対して、役立つ記事やサービスの提供をしていきます。

今だけ期間限定。
成功者は必ず知ってる
【社長の知恵袋 358】
をメールで受け取る

You might also like...

求人応募・スタッフ募集に失敗する理由

Read More →