Loading...
You are here:  Home  >  読み解く~常連客の行動心理&ファンづくり~  >  Current Article

リピート率から分析!新規顧客をリピーターに導く分析方法

店舗ビジネスラボは店舗ビジネスオーナーが対面する課題に対して、
役立つ記事やサービスの提供をしていきます。

今だけ期間限定。
成功者は必ず知ってる
【社長の知恵袋 358】
をメールで受け取る

今すぐご連絡は

Tel:0120-7919-39

mailaddress

無料説明会&相談会申込み

直接詳しい話が聞きたい!記事だけではよくわからない..。といった方向けに
無料説明会を随時開催しております。
お気軽にご連絡ください。

By   /  2014年7月18日  /  リピート率から分析!新規顧客をリピーターに導く分析方法 はコメントを受け付けていません。

Pocket
LINEで送る
LinkedIn にシェア

あなたの店舗やサロンを訪れた顧客には
どのような人がいますか?

今月は、何人があなたのもとを訪れましたか?

リピーターはあなたに
何を求めているのでしょうか?

それがわかれば、もっとリピーターを
満足させることができます。

まずは現状を分析して、リピート率を上げましょう。

分析1:期間と顧客数の分析

最初にすべき分析から解説します。

あなたが店舗やサロンを開業したり
その商品やサービスを販売し始めた期間と

顧客の数を分析してみましょう。

開業3年、顧客数500人というように
具体的な数字を書き出します。

さらに、その中でリピートしてくれた
顧客の数を分析し

リピート率も書き出します。

たとえ目標人数に達していなかったとしても

落ち込む必要はありません。

ここで大切なのは反省や後悔ではなく
現状を数値として把握することです。
 

数値化することで課題が見えてきたり
目標を立てやすくなります。

リピーターを獲得するために
不可欠な作業なので

現実に目を背けることなく分析しましょう。

分析2:客層分析

顧客の数を把握したら、
客層を細かく分析してみましょう。

たとえば、性別、年齢、来店や利用の頻度、
1回の売上などを

リストに書き込んでいきます。

顧客のひとりひとりの顔を思い浮かべて
些細な情報でも残しておくといいでしょう。

趣味や好きな食べ物、家族構成、
休日の過ごし方など

顧客と話した内容を書きとめておけば
次に会ったときも会話に困ることはないでしょう。

顧客にとっても、
「覚えられている」のはとても嬉しいことです。

顧客の情報を記録しておくことが
信頼関係を築くためには有効だといえそうです。

分析3:商品分析

あなたが提供している商品または
サービスの内容を分析してみましょう。

販売数や売上を記録しておくだけでなく

「どのようなところが
顧客に求められているのか?」や

売れる時期と売れない時期があるか
チェックするなど

「商品」や「サービス」として
客観的に分析してみてください。

そうすれば、その商品やサービスを売るために
戦略を練ることができます。

いかがでしたか?

リピーターを獲得するために
数値的な目標を立てるのも大切なことですが

ノルマだけが重くのしかかる……
ということもあります。

リピーターはもちろん、
新規顧客を獲得するためにも

現状の分析と顧客が求めるニーズを
分析することが肝心です。

客観的に分析をすることで
苦手なことも見えてきますが

もっと伸ばせる強みに気付くこともあります。

ですから、

まずは分析をするところから始めましょう。

Pocket
LINEで送る
LinkedIn にシェア

今すぐご連絡は

Tel:0120-7919-39

mailaddress

無料説明会&相談会申込み

直接詳しい話が聞きたい!記事だけではよくわからない..。といった方向けに
無料説明会を随時開催しております。
お気軽にご連絡ください。

■店舗ビジネスオーナーが対面する課題

  • 1.立地と場所
    ・いい場所はなかなか無くて、良いと思う場所は賃料が高い
    ・家賃は固定費となり、それ以上の収益を上げる必要がある
  • 2.集客
    ・奥まった場所や一本入った場所で契約した場合、店舗に来てもらう必要がある
    ・看板、チラシ、Webサイト、ティッシュ配り、紹介、デジタルサイネージ、ラジオ、テレビなどなんとかして1回目来てもらう集客をする必要がある
  • 3.リピート顧客化
    ・1回来てくれたお客さんを2回目、3回目来てもらう必要がある
    ・口コミで苦労せずに集客が増えていく仕組みが必要
  • 4.組織作り
    ・良い従業員教育が必要
    ・辞める従業員や、不正をする従業員に振り回されるないような組織づくりが必要
  • 5.理想と現実
    ・最終的には広告費をかけずに、ファンが口コミをしてくれて集客に困らないのが理想
    ・麻薬のようなフリーペーパーのクーポン広告を辞めたい
  • 6.外部パートナーの活用
    ・全て自分たちだけでやるのは難しいが、頼りきるもの怖い
    ・できれば自分たちだけでできるようになれば辞めたい

店舗ビジネスラボは上記のような課題に対して、役立つ記事やサービスの提供をしていきます。

今だけ期間限定。
成功者は必ず知ってる
【社長の知恵袋 358】
をメールで受け取る

You might also like...

リピート率を上げるために顧客に思い出して貰うことの重要性

Read More →