Loading...
You are here:  Home  >  読み解く~常連客の行動心理&ファンづくり~  >  Current Article

価格競争に巻き込まれない!リピート顧客を確実に獲得する3つの方法

店舗ビジネスラボは店舗ビジネスオーナーが対面する課題に対して、
役立つ記事やサービスの提供をしていきます。

今だけ期間限定。
成功者は必ず知ってる
【社長の知恵袋 358】
をメールで受け取る

今すぐご連絡は

Tel:0120-7919-39

mailaddress

無料説明会&相談会申込み

直接詳しい話が聞きたい!記事だけではよくわからない..。といった方向けに
無料説明会を随時開催しております。
お気軽にご連絡ください。

By   /  2014年7月18日  /  価格競争に巻き込まれない!リピート顧客を確実に獲得する3つの方法 はコメントを受け付けていません。

Pocket
LINEで送る
LinkedIn にシェア

新規顧客を獲得する方法として
広告やクーポンを利用することがあります。

しかし、

それでは価格競争になってしまい

コストがかかるわりに
売上が上がらないのがネックです。

そこで

新規顧客をリピーターにするためには

その人がリピーターになる姿を
イメージできることが

非常に重要だといえます。

つまり、リピーターになる可能性が高い人に
最初からアプローチするということです。

では、リピーターになる可能性が高い人は
どのようにして見分ければいいのでしょうか?

1.ターゲットを絞る

あなたが提供しているサービスや商品を

すでに何度も
リピートしてくれている顧客がいる場合

その顧客がどんな人なのかを
徹底的に分析することで

ターゲットを絞ることができます。

性別、年齢、職業、住んでいる地域、
一度に使う金額など

顧客に共通する点を分析していくことで
1人の顧客イメージが出来上がります。

それがターゲットです。

ターゲット像が明確であればあるほど

広告やホームページなどでの
訴求効果が上がります。

「まるで、わたしのことみたい……」

と感じた人は
お試し目的の新規顧客とは違い

リピーターになる見込みのある
新規顧客だということです。

2.知人からの紹介の顧客

すでにリピーターとして
通ってくれている顧客からの紹介は

リピートにつながりやすい新規顧客です。

細部まで丁寧な
カウンセリングやサービスを行いましょう。

それは、ほかの新規顧客との差別化や
特別扱いをするというわけではありません。

紹介者への感謝の気持ちを込めて
接客をすることが大切です。

さらに

どのような点に関心を持って
来店したのかを質問してみましょう。

これまでは、
「知人が通っているお店(サロン)」だったのに

自分で足を運びたくなった理由があるはずです。

その理由を聞けば、その人の悩みや
ニーズがわかるので

リピートへのアプローチがしやすいといえます。

3.競合との差別化をはかる

あなたと同じ地域や価格帯で
勝負する競合がいた場合

競合とあなたのサービスの違いは何でしょうか?

その違いをアピールしたときに
あなたのサービスを選んだ人は

リピーターになる可能性が高い顧客です。

競合との差別化こそが、
あなたのサービスの強み。

しかし

「それを見つけるのが難しい」
と感じるかもしれません。

差別化のヒントはリピーター顧客にあります。
 

今、リピートしてくれている顧客は

あなたのサービスや商品に
何を求めていますか?

どんなところを気に入ってくれていて

どんなところに
他社にない魅力を感じてくれていますか?

アンケートやカウンセリングで聞いてみれば
あなたの強みが見えてきます。

いかがでしたか?

これら3つの方法は新規顧客の
リピート率を上げるだけでなく

あなたのファンとして
通ってくれているリピート顧客に

さらに良いサービスを提供する
ヒントを見つけることでもあります。

ぜひ、この3つの方法を試してみてくださいね。

Pocket
LINEで送る
LinkedIn にシェア

今すぐご連絡は

Tel:0120-7919-39

mailaddress

無料説明会&相談会申込み

直接詳しい話が聞きたい!記事だけではよくわからない..。といった方向けに
無料説明会を随時開催しております。
お気軽にご連絡ください。

■店舗ビジネスオーナーが対面する課題

  • 1.立地と場所
    ・いい場所はなかなか無くて、良いと思う場所は賃料が高い
    ・家賃は固定費となり、それ以上の収益を上げる必要がある
  • 2.集客
    ・奥まった場所や一本入った場所で契約した場合、店舗に来てもらう必要がある
    ・看板、チラシ、Webサイト、ティッシュ配り、紹介、デジタルサイネージ、ラジオ、テレビなどなんとかして1回目来てもらう集客をする必要がある
  • 3.リピート顧客化
    ・1回来てくれたお客さんを2回目、3回目来てもらう必要がある
    ・口コミで苦労せずに集客が増えていく仕組みが必要
  • 4.組織作り
    ・良い従業員教育が必要
    ・辞める従業員や、不正をする従業員に振り回されるないような組織づくりが必要
  • 5.理想と現実
    ・最終的には広告費をかけずに、ファンが口コミをしてくれて集客に困らないのが理想
    ・麻薬のようなフリーペーパーのクーポン広告を辞めたい
  • 6.外部パートナーの活用
    ・全て自分たちだけでやるのは難しいが、頼りきるもの怖い
    ・できれば自分たちだけでできるようになれば辞めたい

店舗ビジネスラボは上記のような課題に対して、役立つ記事やサービスの提供をしていきます。

今だけ期間限定。
成功者は必ず知ってる
【社長の知恵袋 358】
をメールで受け取る

You might also like...

リピート率を上げるために顧客に思い出して貰うことの重要性

Read More →