Loading...
You are here:  Home  >  費用をかけずにスタッフ採用が出来る方法  >  Current Article

一流のセラピストを育成するために必要な教育と身に付けておくべきスキル

店舗ビジネスラボは店舗ビジネスオーナーが対面する課題に対して、
役立つ記事やサービスの提供をしていきます。

今だけ期間限定。
成功者は必ず知ってる
【社長の知恵袋 358】
をメールで受け取る

今すぐご連絡は

Tel:0120-7919-39

mailaddress

無料説明会&相談会申込み

直接詳しい話が聞きたい!記事だけではよくわからない..。といった方向けに
無料説明会を随時開催しております。
お気軽にご連絡ください。

By   /  2014年8月1日  /  一流のセラピストを育成するために必要な教育と身に付けておくべきスキル はコメントを受け付けていません。

Pocket
LINEで送る
LinkedIn にシェア

今や、癒し業界は競争が激しい時代です。

他のサロンにない新しいサービスを
生み出すサロンもあれば

価格で勝負するサロンもあります。

しかし、お客様が本当に
求めているのは安さでしょうか?

それとも、技術でしょうか?

どちらも満たしていればうれしいのは事実。

だけど、本当に求めているのは
心と身体の癒しです。

では、初めて来店するお客様の
心と身体の疲れをとるセラピストには

どんなスキルが求められるのでしょうか?

1.朗らかな表情で丁寧に挨拶ができる

初めて訪れるサロンやセラピストの
指名制度がないサロンでは

自分を担当するセラピストがどんな人なのか
気にするお客様は多いものです。

ですから、第一印象で
好感を持ってもらうことが大切です。

朗らかな表情でお客様をお迎えして
来店のお礼や自己紹介を丁寧に伝えられる人は

施術に入る前から信頼してもらえます。

セラピストに心を許せるかどうかは
施術中のリラックス度や満足度にもつながるので

まずは、感じのいい表情と挨拶ができることが
良いセラピストの第一条件だといえます。

2.お客様の身体を丁寧に扱う

施術に入る前のタオルのかけ方や

足や腕の場所を移動させるときの触り方など

細部まで丁寧に扱うセラピストは
信頼してもらえます。

施術で良いサービスを
提供できる技術も、もちろん必要です。

しかし

お客様が緊張している施術前に
いかにリラックスしてもらえるか?

ということを意識して、
細部まで気を遣うことが肝心です。

3.お客様のペースをつかむ

初対面だからこそ、
お客様の性格や要望を素早くつかみ

求められているものを提供できるのが
良いセラピストです。

そこで

お客様について知るためには
話すペースに注目してみましょう。

ゆっくりとしたペースで話す人もいれば
早口でまくしたてるように話す人もいます。

また、テンションが高い人もいれば、

低い人もいますよね?

そのペースを把握して

お客様と話すペースやテンションを
合わせてみましょう。

テンションが高い人には明るい口調で

一方、低い人に対しては
落ち着いたトーンで話すといいですね。

すると、一体感が生まれて、
お客様が求める空間に変わります。

こうした3つのポイントを心がけるだけで
初めてのお客様にもリラックスしてもらえます。

セラピストの育成や採用をするときの
参考にしていただけるとうれしいです。

Pocket
LINEで送る
LinkedIn にシェア

今すぐご連絡は

Tel:0120-7919-39

mailaddress

無料説明会&相談会申込み

直接詳しい話が聞きたい!記事だけではよくわからない..。といった方向けに
無料説明会を随時開催しております。
お気軽にご連絡ください。

■店舗ビジネスオーナーが対面する課題

  • 1.立地と場所
    ・いい場所はなかなか無くて、良いと思う場所は賃料が高い
    ・家賃は固定費となり、それ以上の収益を上げる必要がある
  • 2.集客
    ・奥まった場所や一本入った場所で契約した場合、店舗に来てもらう必要がある
    ・看板、チラシ、Webサイト、ティッシュ配り、紹介、デジタルサイネージ、ラジオ、テレビなどなんとかして1回目来てもらう集客をする必要がある
  • 3.リピート顧客化
    ・1回来てくれたお客さんを2回目、3回目来てもらう必要がある
    ・口コミで苦労せずに集客が増えていく仕組みが必要
  • 4.組織作り
    ・良い従業員教育が必要
    ・辞める従業員や、不正をする従業員に振り回されるないような組織づくりが必要
  • 5.理想と現実
    ・最終的には広告費をかけずに、ファンが口コミをしてくれて集客に困らないのが理想
    ・麻薬のようなフリーペーパーのクーポン広告を辞めたい
  • 6.外部パートナーの活用
    ・全て自分たちだけでやるのは難しいが、頼りきるもの怖い
    ・できれば自分たちだけでできるようになれば辞めたい

店舗ビジネスラボは上記のような課題に対して、役立つ記事やサービスの提供をしていきます。

今だけ期間限定。
成功者は必ず知ってる
【社長の知恵袋 358】
をメールで受け取る

You might also like...

求人応募・スタッフ募集に失敗する理由

Read More →