Loading...
You are here:  Home  >  今日からできる新規顧客の増やし方  >  Current Article

クーポンサイトで集客する際に、新規顧客獲得に必要な掲載情報3選

店舗ビジネスラボは店舗ビジネスオーナーが対面する課題に対して、
役立つ記事やサービスの提供をしていきます。

今だけ期間限定。
成功者は必ず知ってる
【社長の知恵袋 358】
をメールで受け取る

今すぐご連絡は

Tel:0120-7919-39

mailaddress

無料説明会&相談会申込み

直接詳しい話が聞きたい!記事だけではよくわからない..。といった方向けに
無料説明会を随時開催しております。
お気軽にご連絡ください。

By   /  2014年8月30日  /  クーポンサイトで集客する際に、新規顧客獲得に必要な掲載情報3選 はコメントを受け付けていません。

Pocket
LINEで送る
LinkedIn にシェア

新規顧客をターゲットとしたクーポン媒体は

低価格で提供しているために

たとえお客様が来店しても
利益が薄いものです。

だからこそ

クーポン媒体に掲載するからには

新規顧客を獲得したいものですよね。

そこで今回は、クーポンに掲載しておくべき
3つの情報をお伝えします。

1.クーポンならではの特典

価格競争が激化している今日では

ただ値引きをすればいい
わけではありません。

また、値引き率で顧客の関心を引いても

あまりにも利益が薄い場合は

クーポンの掲載を継続するのが
難しくなります。

もちろん、クーポンサイトでは
値引きも必要ですが

クーポンサイトならではの
特典をつけるといいでしょう。

見込み客があなたの店舗の
特典に魅力を感じれば

より値引き率が高いライバル店よりも

あなたの店舗を選ぶ可能性が高まります。

例えば、あなたの店舗や
サロンならではのサービスを

特別価格で体験できたり

オプションでつけるというように

スペシャル感のある特典をつけましょう。

2.スタッフや店舗の写真

リラクゼーションサロンや
美容室などを選ぶときは

価格だけでなくスタッフの人柄も
大きなポイントです。

つまり

接客や施術を担当するスタッフの
写真とメッセージは

とても大切な情報だということです。

新規顧客はその情報をもとに
その店舗を選んでいます。

スタッフの人柄やモットーなどが
伝わるメッセージと

初対面の人でも親しみやすい写真で

「初めてでも気軽に行けそう」
と思わせることができます。

3.商品やサービスの説明

値引き率や写真も大きなポイントですが

おろそかにしてはいけないのが
商品の説明です。

提供する商品やサービスは、
あなたの店舗にしかないものだから

その内容がわかりやすいように
伝えることが肝心です。

例えば、写真を掲載するなら
イメージ写真よりも

店内やサロンの内装の写真がベターです。

さらに、商品や施術などのサービスを
している写真を掲載すれば

あなたの店舗でどんな商品や
サービスを扱っているのかが伝わります。

最後に

クーポンサイトに掲載する目的は

とにかく一度、店舗やサロンに
足を運んでもらうことです。

そして、実際に行動を起こさせるためには

新規顧客がワクワクするような
情報が必要です。

もし、あなたが面識のない人に
自分から会いに行くとしたら

どんなところに関心を持つでしょうか?

その答えが、ライバルと一線を画す
あなたの店舗の魅力です。

あなたの店舗やサロンにしかない
魅力を発信して

新規顧客の心をつかみましょう。

Pocket
LINEで送る
LinkedIn にシェア

今すぐご連絡は

Tel:0120-7919-39

mailaddress

無料説明会&相談会申込み

直接詳しい話が聞きたい!記事だけではよくわからない..。といった方向けに
無料説明会を随時開催しております。
お気軽にご連絡ください。

■店舗ビジネスオーナーが対面する課題

  • 1.立地と場所
    ・いい場所はなかなか無くて、良いと思う場所は賃料が高い
    ・家賃は固定費となり、それ以上の収益を上げる必要がある
  • 2.集客
    ・奥まった場所や一本入った場所で契約した場合、店舗に来てもらう必要がある
    ・看板、チラシ、Webサイト、ティッシュ配り、紹介、デジタルサイネージ、ラジオ、テレビなどなんとかして1回目来てもらう集客をする必要がある
  • 3.リピート顧客化
    ・1回来てくれたお客さんを2回目、3回目来てもらう必要がある
    ・口コミで苦労せずに集客が増えていく仕組みが必要
  • 4.組織作り
    ・良い従業員教育が必要
    ・辞める従業員や、不正をする従業員に振り回されるないような組織づくりが必要
  • 5.理想と現実
    ・最終的には広告費をかけずに、ファンが口コミをしてくれて集客に困らないのが理想
    ・麻薬のようなフリーペーパーのクーポン広告を辞めたい
  • 6.外部パートナーの活用
    ・全て自分たちだけでやるのは難しいが、頼りきるもの怖い
    ・できれば自分たちだけでできるようになれば辞めたい

店舗ビジネスラボは上記のような課題に対して、役立つ記事やサービスの提供をしていきます。

今だけ期間限定。
成功者は必ず知ってる
【社長の知恵袋 358】
をメールで受け取る

You might also like...

お店にお客さんが来ない理由とその原因

Read More →