Loading...
You are here:  Home  >  【無料】自分でできるyou tubeでの集客求人の方法  >  Current Article

集客用動画でしか顧客に伝えられない動画の活用法

店舗ビジネスラボは店舗ビジネスオーナーが対面する課題に対して、
役立つ記事やサービスの提供をしていきます。

今だけ期間限定。
成功者は必ず知ってる
【社長の知恵袋 358】
をメールで受け取る

今すぐご連絡は

Tel:0120-7919-39

mailaddress

無料説明会&相談会申込み

直接詳しい話が聞きたい!記事だけではよくわからない..。といった方向けに
無料説明会を随時開催しております。
お気軽にご連絡ください。

動画制作、映像制作の料金ページへ

動画CM資料請求の
お申し込みはこちらから

By   /  2014年9月13日  /  集客用動画でしか顧客に伝えられない動画の活用法 はコメントを受け付けていません。

Pocket
LINEで送る
LinkedIn にシェア

ホームページやチラシは
文字で情報を伝えますが

動画では視覚と聴覚で
情報を伝えることができます。

それらをもっと有効に
活用するための方法をお伝えします。

1.視覚情報の活用法

視覚情報とは、目から入ってくる情報です。

人間は初対面の人や
初めて見るモノの印象を決めるとき

その50%以上を視覚情報で
判断しているといわれています。

たとえどんなに内面が良い人であっても
初対面のときに愛想が悪ければ

「怖い」と思われるのはそのせいです。

そのとき、人はその人の顔の造作
ではなく表情を見ています。

動画では表情の動きを
伝えることができるので

見る人に安心感を与えることができます。

それが、写真と動画の大きな違いであり

視覚情報の有効な活用法だといえます。

2.聴覚情報

聴覚情報とは、
耳から入ってくる情報です。

ホームページやチラシで
多くの情報を伝えようとすると

文字情報が多くなってしまいます。

しかし、それをすべて読むのは、
よほど関心がある人だけで

文字が多いだけで
読むのをやめてしまう人もいます。

動画ではそういった文字情報を
声で伝えることができます。

また、ナレーションだけでなく
音楽や効果音でも

商品やサービスのPRができます。

店舗の場合は
優雅で落ち着いた雰囲気なども

視覚情報だけでなく、
聴覚で訴えかけることができるでしょう。

リラクゼーションなどの
施術者や飲食店のスタッフなど

動画を見ているお客様と
直接触れ合う人の場合は

その人の人柄や
こだわりを伝えることができます。

初めての店舗やサロンに
行くのを躊躇するのは

どんな人がいるかわからないからです。

先にスタッフの人柄を
伝えておくことで

まだ見ぬお客様も安心して
来店することができます。

3.第三の感覚・・・触覚

さらに、動画では視覚と聴覚以外の五感にも
訴えかけることができます。

といっても

商品を触ったり、味や香りを
確かめることはできません。

しかし、実際に体験しているかのような
感覚を伝えることはできます。

それが、臨場感です。

たとえば、飲食店であれば、
肉が焼けるジューッという音を伝えたり

スープから上がる湯気や
ビールジョッキについている水滴は

「食べたい!」
という欲求をかき立てます。

まるでその場で体験しているかのような
感覚になるのは

動画だからこそ伝えられるものです。

ぜひ、あなたの店舗や商品の
PRに動画を活用してください。

Pocket
LINEで送る
LinkedIn にシェア

動画制作、映像制作の料金ページへ

動画CM資料請求の
お申し込みはこちらから

今すぐご連絡は

Tel:0120-7919-39

mailaddress

無料説明会&相談会申込み

直接詳しい話が聞きたい!記事だけではよくわからない..。といった方向けに
無料説明会を随時開催しております。
お気軽にご連絡ください。

■店舗ビジネスオーナーが対面する課題

  • 1.立地と場所
    ・いい場所はなかなか無くて、良いと思う場所は賃料が高い
    ・家賃は固定費となり、それ以上の収益を上げる必要がある
  • 2.集客
    ・奥まった場所や一本入った場所で契約した場合、店舗に来てもらう必要がある
    ・看板、チラシ、Webサイト、ティッシュ配り、紹介、デジタルサイネージ、ラジオ、テレビなどなんとかして1回目来てもらう集客をする必要がある
  • 3.リピート顧客化
    ・1回来てくれたお客さんを2回目、3回目来てもらう必要がある
    ・口コミで苦労せずに集客が増えていく仕組みが必要
  • 4.組織作り
    ・良い従業員教育が必要
    ・辞める従業員や、不正をする従業員に振り回されるないような組織づくりが必要
  • 5.理想と現実
    ・最終的には広告費をかけずに、ファンが口コミをしてくれて集客に困らないのが理想
    ・麻薬のようなフリーペーパーのクーポン広告を辞めたい
  • 6.外部パートナーの活用
    ・全て自分たちだけでやるのは難しいが、頼りきるもの怖い
    ・できれば自分たちだけでできるようになれば辞めたい

店舗ビジネスラボは上記のような課題に対して、役立つ記事やサービスの提供をしていきます。

今だけ期間限定。
成功者は必ず知ってる
【社長の知恵袋 358】
をメールで受け取る

You might also like...

お店にお客さんが来ない理由とその原因

Read More →