Loading...
You are here:  Home  >  経営者を顧客にする〇つの方法  >  Current Article

最安値の競合他社に勝てる『選ばれる会社』になる極意

店舗ビジネスラボは店舗ビジネスオーナーが対面する課題に対して、
役立つ記事やサービスの提供をしていきます。

今だけ期間限定。
成功者は必ず知ってる
【社長の知恵袋 358】
をメールで受け取る

今すぐご連絡は

Tel:0120-7919-39

mailaddress

無料説明会&相談会申込み

直接詳しい話が聞きたい!記事だけではよくわからない..。といった方向けに
無料説明会を随時開催しております。
お気軽にご連絡ください。

新規営業で社長にアプローチページへ

社長アプローチ資料請求の
お申し込みはこちらから

By   /  2014年10月8日  /  最安値の競合他社に勝てる『選ばれる会社』になる極意 はコメントを受け付けていません。

Pocket
LINEで送る
LinkedIn にシェア

新規営業であなたの会社が
契約を勝ち取るためには

「選ばれる会社」
にならなければなりません。

では、ひとつしかない椅子を
勝ち取るためには

どのようにしてライバルと
差をつければいいのでしょうか?

最もよく知られている方法は

競合他社よりも価格を
大幅に下げることです。

取引の実績をつくるためにも

利益を度外視した破格の「お試し価格」

商品やサービスを提案します。

ただ、この方法では継続した契約は
難しいといえます。

2回目からの契約では
正規の値段で提案しても

「1回目と同じ価格ではないなら……」

お試しだけで終わってしまう
場合もあります。

たとえ取引が継続されたとしても

競合他社より安い価格での
提供が前提となり

さらに低価格で勝負する
競合が現れたときに

契約が打ち切られることもあるでしょう。

ですから、「選ばれる会社」になるためには

価格を下げる以外の方法で

契約を勝ち取らなければなりません。

◆価格は比較するものの、それだけで決めるわけではない

社長や決定権を持つ担当者の
悩みは尽きません。

解決したい問題があるけれど、
本当にお金を使っていいのだろうか?

もっと価格が安ければ……。

そんな思いがよぎります。

たとえ儲けが出ている企業であっても

無駄遣いをしてもいいと思っている
決定権者はいないでしょう。

ですから

質の高い商品やサービスを
低価格で取り入れるためには

複数の会社から見積りをとり

価格の比較をするのは当然のことです。

ただし

必ずしも、最も安い会社と
契約するというわけではありません。

◆選ばれる会社は見積りを提出する前に勝負をかける

それでは、同じ条件で複数の会社から
見積りをとっているのに

最安値の会社が選ばれる
わけではないのはなぜでしょうか?

その理由は2つあります。

1.選ぶ会社は決まっていて、もっと価格を下げたい場合

2.より自社の悩みを解決できる付加価値があった場合

1とは、その会社の商品の品質や
信頼度が高く

発注をすることがほぼ決定しているけれど

さらに価格を下げたいときの
交渉の材料として

他社から見積りをとる場合です。

それでも、その会社が
価格を下げないようなら

見積りの価格で契約が
成立することもあります。

2とは、見積りを提出する前の商談で

社長や決定権者が持つ悩みを引き出し

解決策を踏まえて
仕様を確定する場合です。

つまり

すでに決められた仕様の見積りを
提出するのではなく

仕様を決める段階から悩みを相談され

自社の強みを活かした
提案ができる営業になれば

価格で競争しなくても
よくなるということです。

相談される営業になるためには

的確な解決策を提示できる
営業力を求められます。

まずは、相手の話にじっくりと耳を傾けて

ニーズや悩みを
引き出すことから始めましょう。

Pocket
LINEで送る
LinkedIn にシェア

新規営業で社長にアプローチページへ

社長アプローチ資料請求の
お申し込みはこちらから

今すぐご連絡は

Tel:0120-7919-39

mailaddress

無料説明会&相談会申込み

直接詳しい話が聞きたい!記事だけではよくわからない..。といった方向けに
無料説明会を随時開催しております。
お気軽にご連絡ください。

■店舗ビジネスオーナーが対面する課題

  • 1.立地と場所
    ・いい場所はなかなか無くて、良いと思う場所は賃料が高い
    ・家賃は固定費となり、それ以上の収益を上げる必要がある
  • 2.集客
    ・奥まった場所や一本入った場所で契約した場合、店舗に来てもらう必要がある
    ・看板、チラシ、Webサイト、ティッシュ配り、紹介、デジタルサイネージ、ラジオ、テレビなどなんとかして1回目来てもらう集客をする必要がある
  • 3.リピート顧客化
    ・1回来てくれたお客さんを2回目、3回目来てもらう必要がある
    ・口コミで苦労せずに集客が増えていく仕組みが必要
  • 4.組織作り
    ・良い従業員教育が必要
    ・辞める従業員や、不正をする従業員に振り回されるないような組織づくりが必要
  • 5.理想と現実
    ・最終的には広告費をかけずに、ファンが口コミをしてくれて集客に困らないのが理想
    ・麻薬のようなフリーペーパーのクーポン広告を辞めたい
  • 6.外部パートナーの活用
    ・全て自分たちだけでやるのは難しいが、頼りきるもの怖い
    ・できれば自分たちだけでできるようになれば辞めたい

店舗ビジネスラボは上記のような課題に対して、役立つ記事やサービスの提供をしていきます。

今だけ期間限定。
成功者は必ず知ってる
【社長の知恵袋 358】
をメールで受け取る

You might also like...

新規顧客との契約は、押すより引く営業がキク!?~契約率をあげる3つのポイント~(後編)

Read More →