家庭用電話機とビジネスフォンを比較!企業にビジネスフォンが必要な理由(前編)

店舗ビジネスラボは店舗ビジネスオーナーが対面する課題に対して、
役立つ記事やサービスの提供をしていきます。

今だけ期間限定。
成功者は必ず知ってる
【社長の知恵袋 358】
をメールで受け取る

今すぐご連絡は

Tel:0120-7919-39

mailaddress

無料説明会&相談会申込み

直接詳しい話が聞きたい!記事だけではよくわからない..。といった方向けに
無料説明会を随時開催しております。
お気軽にご連絡ください。

ビジネスフォンページへ

ビジネスフォン資料請求の
お申し込みはこちらから

By   /  2014年11月11日  /  家庭用電話機とビジネスフォンを比較!企業にビジネスフォンが必要な理由(前編) はコメントを受け付けていません。

Pocket
LINEで送る
LinkedIn にシェア

今は家庭用の電話機で十分。
必要になったときに
ビジネスフォンを導入すればいい。

家庭用の電話機を使っている
店舗や企業の経営者は

そう考えているかもしれません。

それでは、どんな店舗や企業に
ビジネスフォンが必要なのでしょうか?

まずは、ビジネスフォン
必要度チェックをしてみましょう。

  • 顧客からの電話を店舗または会社で受ける機会が多い
  • 1フロア(または店舗)に2人以上のスタッフがいる
  • 顧客から、「電話をかけたけど、話し中だった」と言われたことがある
  • 社長室と営業部というように、2つ以上に部屋がわかれている
  • 電話の向こうのお客様に、社内の会話が聞こえて困ることがある

いかがでしょうか?

1つでも当てはまる場合は、
ビジネスフォンが必要です。

それでは、その理由を解説していきます!

  • 顧客からの電話を店舗または会社で受ける機会が多い

顧客からの電話を受けることが多い場合
1人の顧客と話しているときに

他の顧客から電話が
かかってくることがあります。

また、顧客との通話中は
電話を使うことができず

外出中の社内スタッフに
電話をかけるときは

個人または会社で
契約した携帯電話などから

電話をかけなければなりません。

固定電話と携帯電話の2回線

またはそれ以上の数の
携帯電話を契約すれば

それだけの費用と維持費が発生します。

月々に払っている電話代と
維持費やその用途を見直して

ビジネスフォンの維持費と
比較してみましょう。

  • 1フロア(店舗)に2人以上のスタッフがいる

1フロアに2人以上のスタッフがいる場合
2人とも電話の応対ができますよね?

1人は顧客からの電話を受けて
もう1人は取引先や顧客に電話をかける。

または、別の顧客からの電話を
受けることができます。

しかし

家庭用の電話機では
同時に電話をかけたり

別の人からの電話を
受けることができません。

つまり

同時に電話応対できる人員がいるのに

できる環境が整っていない……!

ということです。

同じ時間帯に電話がかかってきたり

電話をかける必要がない
場合は問題ありません。

しかし、常時スタッフが
2名以上いる場合は

どんな風に電話を使っているのか

現状を見直してみる価値はあるでしょう。

いかがでしたか?

店舗や会社によって
電話の使い方はさまざまです。

だからこそ、
ビジネスフォンを導入する前に

あなたの店舗や会社で

どのように電話が
使われているのかを知り

これからどのように
活用していきたいのかを

明確化する必要があります。

続きは後半でお伝えします!

Pocket
LINEで送る
LinkedIn にシェア

ビジネスフォンページへ

ビジネスフォン資料請求の
お申し込みはこちらから

今すぐご連絡は

Tel:0120-7919-39

mailaddress

無料説明会&相談会申込み

直接詳しい話が聞きたい!記事だけではよくわからない..。といった方向けに
無料説明会を随時開催しております。
お気軽にご連絡ください。

■店舗ビジネスオーナーが対面する課題

  • 1.立地と場所
    ・いい場所はなかなか無くて、良いと思う場所は賃料が高い
    ・家賃は固定費となり、それ以上の収益を上げる必要がある
  • 2.集客
    ・奥まった場所や一本入った場所で契約した場合、店舗に来てもらう必要がある
    ・看板、チラシ、Webサイト、ティッシュ配り、紹介、デジタルサイネージ、ラジオ、テレビなどなんとかして1回目来てもらう集客をする必要がある
  • 3.リピート顧客化
    ・1回来てくれたお客さんを2回目、3回目来てもらう必要がある
    ・口コミで苦労せずに集客が増えていく仕組みが必要
  • 4.組織作り
    ・良い従業員教育が必要
    ・辞める従業員や、不正をする従業員に振り回されるないような組織づくりが必要
  • 5.理想と現実
    ・最終的には広告費をかけずに、ファンが口コミをしてくれて集客に困らないのが理想
    ・麻薬のようなフリーペーパーのクーポン広告を辞めたい
  • 6.外部パートナーの活用
    ・全て自分たちだけでやるのは難しいが、頼りきるもの怖い
    ・できれば自分たちだけでできるようになれば辞めたい

店舗ビジネスラボは上記のような課題に対して、役立つ記事やサービスの提供をしていきます。

今だけ期間限定。
成功者は必ず知ってる
【社長の知恵袋 358】
をメールで受け取る

You might also like...

意外と知られていない!? 店舗で防犯カメラを活用する3つの方法

Read More →