犯罪を未然に防げる防犯カメラ設置の2つのメリット

店舗ビジネスラボは店舗ビジネスオーナーが対面する課題に対して、
役立つ記事やサービスの提供をしていきます。

今だけ期間限定。
成功者は必ず知ってる
【社長の知恵袋 358】
をメールで受け取る

今すぐご連絡は

Tel:0120-7919-39

mailaddress

無料説明会&相談会申込み

直接詳しい話が聞きたい!記事だけではよくわからない..。といった方向けに
無料説明会を随時開催しております。
お気軽にご連絡ください。

防犯カメラページへ

防犯カメラ資料請求の
お申し込みはこちらから

By   /  2014年11月12日  /  犯罪を未然に防げる防犯カメラ設置の2つのメリット はコメントを受け付けていません。

Pocket
LINEで送る
LinkedIn にシェア

防犯カメラを設置する大きな目的は

犯罪への対策です。

それでは、質問です。

あなたの店舗では、
どのような犯罪が考えられますか?

  • スタッフの目を盗んで商品を万引きする
  • 売り物ではない備品を持ち帰る
  • スタッフが離れたときにレジからお金を奪う
  • スタッフに対する恐喝や暴力行為
  • スタッフや顧客の命が危険にさらされる強盗

これらが店舗で想定できる
代表的な犯罪です。

まずは、店舗で起こりうる
犯罪を想定してから

その犯罪への対策を
講じるのが良いでしょう。

それでは

あなたの店舗で防犯カメラを
取り入れるとしたら

どのような効果があるのでしょうか?

◆ 防犯カメラのシゴト ①記録

防犯カメラは、店舗で起こったことを
記録するためのものです。

防犯カメラの映像に犯罪の
一部始終が映っていれば

それを証拠に犯人を探し

逮捕することができます。

つまり

防犯カメラをつけることで

犯罪の証拠をつかめる
というメリットがあります。

盗難や強盗事件が起こったときに
防犯カメラの映像から捜査を行い

貴重な証拠として
活用することができるからです。

ただし

万引きや強盗の証拠があっても

必ず犯人を
捕まえられるわけではありません。

特に、万引きは
その場で捕まえない限りは

たとえ防犯カメラの映像が残っていても

二度と店舗に現れない
という場合もあります。

◆ 防犯カメラの仕事 ②抑止力

せっかく防犯カメラに
犯罪の一部始終を記録しても

リアルタイムで映像を見ていなければ

意味がない……

そんなことがあるのも事実です。

しかし

防犯カメラには
記録以外の効果もあります。

それは、犯罪を未然に防ぐ抑止力です。

特に、万引きや備品の窃盗などについては
未然に防ぐことができれば

犯罪が起こらない
安心できる店舗づくりができます。

そのためにも

誰でも確認できる位置に

防犯カメラを設置するのも
大切なことです。

ただ、それが店舗の雰囲気を
損ねてしまう場合などは

防犯カメラを設定していることを
伝えてください。

顧客にわざわざ伝えなくても
「防犯カメラ設置店」と書いた

ステッカーやPOPなどを
活用するのもいいでしょう。

誰も見ていない環境では
罪を犯すつもりはなくても

出来心や魔がさしてしまう瞬間が
あるかもしれません。

もちろん

どんな理由があっても
犯罪であることに違いないので

社会のルールとしても

店舗経営者やスタッフとしても
許せることではありません。

だからこそ

防犯カメラが設置されていて
犯罪が起こったときにはその証拠として

映像を警察に提出するということを
顧客やスタッフに周知しておくのです。

そうすれば

罪を犯すリスクの大きさを感じて
潜在的な犯罪を防ぐことができます。

犯罪は防止できるに越したことはありません。

犯罪の証拠を提出するという面でも
防犯カメラは効果がありますが

未然に防ぐことができるというのも
防犯カメラを設置する
大きなメリットだといえます。

Pocket
LINEで送る
LinkedIn にシェア

防犯カメラページへ

防犯カメラ資料請求の
お申し込みはこちらから

今すぐご連絡は

Tel:0120-7919-39

mailaddress

無料説明会&相談会申込み

直接詳しい話が聞きたい!記事だけではよくわからない..。といった方向けに
無料説明会を随時開催しております。
お気軽にご連絡ください。

■店舗ビジネスオーナーが対面する課題

  • 1.立地と場所
    ・いい場所はなかなか無くて、良いと思う場所は賃料が高い
    ・家賃は固定費となり、それ以上の収益を上げる必要がある
  • 2.集客
    ・奥まった場所や一本入った場所で契約した場合、店舗に来てもらう必要がある
    ・看板、チラシ、Webサイト、ティッシュ配り、紹介、デジタルサイネージ、ラジオ、テレビなどなんとかして1回目来てもらう集客をする必要がある
  • 3.リピート顧客化
    ・1回来てくれたお客さんを2回目、3回目来てもらう必要がある
    ・口コミで苦労せずに集客が増えていく仕組みが必要
  • 4.組織作り
    ・良い従業員教育が必要
    ・辞める従業員や、不正をする従業員に振り回されるないような組織づくりが必要
  • 5.理想と現実
    ・最終的には広告費をかけずに、ファンが口コミをしてくれて集客に困らないのが理想
    ・麻薬のようなフリーペーパーのクーポン広告を辞めたい
  • 6.外部パートナーの活用
    ・全て自分たちだけでやるのは難しいが、頼りきるもの怖い
    ・できれば自分たちだけでできるようになれば辞めたい

店舗ビジネスラボは上記のような課題に対して、役立つ記事やサービスの提供をしていきます。

今だけ期間限定。
成功者は必ず知ってる
【社長の知恵袋 358】
をメールで受け取る

You might also like...

意外と知られていない!? 店舗で防犯カメラを活用する3つの方法

Read More →