家庭用電話機とビジネスフォンの徹底比較!ビジネスチャンスを損失してしまう家庭用電話機の落とし穴

店舗ビジネスラボは店舗ビジネスオーナーが対面する課題に対して、
役立つ記事やサービスの提供をしていきます。

今だけ期間限定。
成功者は必ず知ってる
【社長の知恵袋 358】
をメールで受け取る

今すぐご連絡は

Tel:0120-7919-39

mailaddress

無料説明会&相談会申込み

直接詳しい話が聞きたい!記事だけではよくわからない..。といった方向けに
無料説明会を随時開催しております。
お気軽にご連絡ください。

ビジネスフォンページへ

ビジネスフォン資料請求の
お申し込みはこちらから

By   /  2014年12月1日  /  家庭用電話機とビジネスフォンの徹底比較!ビジネスチャンスを損失してしまう家庭用電話機の落とし穴 はコメントを受け付けていません。

Pocket
LINEで送る
LinkedIn にシェア

会社や店舗がビジネスフォンを導入するとき
ビジネスフォンに求める機能の1位は
同時に複数の人が通話できることです。
 

だけど、せっかく費用を投じて導入するのだから
ビジネスフォンを使って
もっと効率良く仕事ができたらいいですよね?
 

今回は、ビジネスフォンならではの電話活用術を
ご紹介します!
 
 

【ケース1】
 
内勤のAさん宛てに顧客から電話がありました。

しかし、Aさんはそのフロア(または店舗)
にはいませんでした。
 

【家庭用電話機の場合】

電話に対応したBさんは
Aさんが席を外している旨を伝え

Aさんから電話をかけ直すことを約束して
電話を切ります。

BさんはAさんのデスクに伝言メモを残し

Aさんはそのメモに気付いてから
顧客に電話をします。

ところが、他の人が通話中の場合は
電話をかけることができず

Aさんは顧客に電話をかけるのが
遅くなってしまうことがあります。
 

【ビジネスフォンの場合】

電話に対応したBさんは、
顧客からの電話を保留にします。

内線で他のフロア(またはオフィスなど)を呼び出し
そこにAさんがいないか確認します。

Aさんが電話に出られる状態であれば
保留にしている顧客からの
外線番号を伝えて内線を切ります。

Aさんが外線番号を押すことで
顧客と通話ができます。
 

また、打ち合わせ中などで
顧客からの電話に出られない場合も

Aさんがどこで何をしているのかがわかるので

保留にしている顧客に対しても
いつごろ折り返しの電話ができるのかを
伝えられます。
 

【ケース2】

営業のCさん宛てに顧客から
会社に電話がかかってきました。

しかし、Cさんは外出していて、
社内にはいませんでした。
 

【家庭用電話機の場合】

電話に応対したDさんは
顧客にCさんが外出している旨を伝え

Cさんから電話をかけることを顧客に約束します。

顧客の電話番号や内容を控えて
Cさんに電話をかけます。

ところが、このときに社内で電話を使っていると
なかなかCさんに電話をかけられません。

また、Cさんの電波状況が良くない場所では
何度も電話を掛けなければならず

顧客からの電話があったことを
伝えるまでに時間がかかります。

電話がつながっても、
顧客の電話番号をメモするなど

外出先で手間取ってしまいます。
 

【ビジネスフォンの場合】

電話に応対したDさんは顧客の電話を保留にして
外線でCさんの携帯電話宛てに電話をかけます。

Cさんが電話に応対できる状況であれば
顧客からの電話を転送します。
 
 

いかがでしたか?

これらのケースは、会社にかかってくる
電話によくある状況です。

留守番電話の代わりにメールを使うなど
代用することも可能でしょう。

しかし、ビジネスフォンと家庭用電話機の違いは

同じフロアや店舗にいなければわからなかった
その人の行動が見えることです。
 
内勤のAさんが別のフロアで打ち合わせをしていることや

営業のCさんが外出先でも
電話に出られる状況にあることなど

まるで同じ空間にいるかのように
把握できるのがビジネスフォンなのです。
 

そうして社内の人がつながることによって
顧客への対応もスピーディーで的確になります。
 

顧客満足と効率化のためにも
ビジネスフォンの導入を
ご検討いただけるとうれしいです。
 
 

Pocket
LINEで送る
LinkedIn にシェア

ビジネスフォンページへ

ビジネスフォン資料請求の
お申し込みはこちらから

今すぐご連絡は

Tel:0120-7919-39

mailaddress

無料説明会&相談会申込み

直接詳しい話が聞きたい!記事だけではよくわからない..。といった方向けに
無料説明会を随時開催しております。
お気軽にご連絡ください。

■店舗ビジネスオーナーが対面する課題

  • 1.立地と場所
    ・いい場所はなかなか無くて、良いと思う場所は賃料が高い
    ・家賃は固定費となり、それ以上の収益を上げる必要がある
  • 2.集客
    ・奥まった場所や一本入った場所で契約した場合、店舗に来てもらう必要がある
    ・看板、チラシ、Webサイト、ティッシュ配り、紹介、デジタルサイネージ、ラジオ、テレビなどなんとかして1回目来てもらう集客をする必要がある
  • 3.リピート顧客化
    ・1回来てくれたお客さんを2回目、3回目来てもらう必要がある
    ・口コミで苦労せずに集客が増えていく仕組みが必要
  • 4.組織作り
    ・良い従業員教育が必要
    ・辞める従業員や、不正をする従業員に振り回されるないような組織づくりが必要
  • 5.理想と現実
    ・最終的には広告費をかけずに、ファンが口コミをしてくれて集客に困らないのが理想
    ・麻薬のようなフリーペーパーのクーポン広告を辞めたい
  • 6.外部パートナーの活用
    ・全て自分たちだけでやるのは難しいが、頼りきるもの怖い
    ・できれば自分たちだけでできるようになれば辞めたい

店舗ビジネスラボは上記のような課題に対して、役立つ記事やサービスの提供をしていきます。

今だけ期間限定。
成功者は必ず知ってる
【社長の知恵袋 358】
をメールで受け取る

You might also like...

意外と知られていない!? 店舗で防犯カメラを活用する3つの方法

Read More →