導入前に必ずチェック!失敗しないビジネスフォンの選び方3選

店舗ビジネスラボは店舗ビジネスオーナーが対面する課題に対して、
役立つ記事やサービスの提供をしていきます。

今だけ期間限定。
成功者は必ず知ってる
【社長の知恵袋 358】
をメールで受け取る

今すぐご連絡は

Tel:0120-7919-39

mailaddress

無料説明会&相談会申込み

直接詳しい話が聞きたい!記事だけではよくわからない..。といった方向けに
無料説明会を随時開催しております。
お気軽にご連絡ください。

ビジネスフォンページへ

ビジネスフォン資料請求の
お申し込みはこちらから

By   /  2014年12月8日  /  導入前に必ずチェック!失敗しないビジネスフォンの選び方3選 はコメントを受け付けていません。

Pocket
LINEで送る
LinkedIn にシェア

 
ビジネスフォンとは
あなたの店舗や会社のビジネスを
もっと効率良く進めるための強い見方です。
 

だからこそ
あなたの店舗や会社に合った
ビジネスフォンの機能を選ぶことが大切です。
 

「とにかくコストが低い方がいい」や

「回線が多い方がいい」という理由で
ビジネスフォンを導入すると
無駄が生じることもあります。
 

今回は、ビジネスフォンの導入前に
チェックしておくべき項目について
お伝えします。
 
 

1.電話番号の数

ビジネスフォンは電話番号を
複数持つことができます。
 

家庭用電話機で
複数の電話番号を持つ場合は

その数だけの回線が必要ですが

ビジネスフォンは1回線で
電話番号を複数持つことが可能です。
 

しかし、その数が多ければ
良いというわけではありません。
 
 

たとえば

代表電話、営業部、経理部
というようにわけたり

違うフロアや離れた場所にある部署と
電話番号をわけることで

スムーズに電話の取り次ぎができます。
 
 

2.同時に通話する人数

同じ電話番号を複数の人が使用できるのも
ビジネスフォンの特徴です。
 

ただ、その数は契約の際に
決める必要があるので

同時に電話を使用する可能性がある人数を
イメージしておくことが大切です。
 

顧客からの電話がかかってくる場合や
こちらから顧客に電話をかける場合
外回り中の従業員と通話する場合など

同じ電話番号でも用途はさまざま。
 

あなたの店舗や会社の電話の用途や
同時にどれだけの通話が
必要なのかを把握しましょう。
 
 

3.レイアウト

ビジネスフォンをどのように配置するのかは
導入において、かなり重要な項目です。
 

なぜなら

電話番号の数を決めるときに
代表、営業、お客様対応の
3つで良いと思っていても

営業部が2つのフロアにわかれていたり

スタッフが店舗とオフィスを
行ったり来たりする場合があります。

どちらでも電話をとれるようにしておくのか
 

それとも

部署は同じでも部屋やフロアによって
電話番号をかえるのかを

検討する必要があるからです。
 
 

つまり

同じ電話番号でも電話機の数を増やしたり

社内の人が主に使う番号と
顧客や取引先と通話する番号をわけるなど

店舗や会社のレイアウトによって
電話機や電話番号の数がかわってきます。

これら3つの項目をふまえて

まずは、今の電話機の数と電話をする人数や
かかってくる電話の種類や
相手などを書き出して

明確に把握するのがおすすめです。
 

さらに

今の電話環境では
不便だと感じる部分があれば

その点もポイントとなります。

もちろん、導入の前には
プロによるヒアリングがありますが
現在の問題点や今後の希望を
明確化しておくことで

導入時の見落としをなくしたり
社内の配置を見直すなど

あなたの店舗や会社に合った
環境を整えられます。
 

スムーズに効率良く仕事が進められるように
ビジネスフォンの導入を
ご検討いただけるとうれしいです。
 

Pocket
LINEで送る
LinkedIn にシェア

ビジネスフォンページへ

ビジネスフォン資料請求の
お申し込みはこちらから

今すぐご連絡は

Tel:0120-7919-39

mailaddress

無料説明会&相談会申込み

直接詳しい話が聞きたい!記事だけではよくわからない..。といった方向けに
無料説明会を随時開催しております。
お気軽にご連絡ください。

■店舗ビジネスオーナーが対面する課題

  • 1.立地と場所
    ・いい場所はなかなか無くて、良いと思う場所は賃料が高い
    ・家賃は固定費となり、それ以上の収益を上げる必要がある
  • 2.集客
    ・奥まった場所や一本入った場所で契約した場合、店舗に来てもらう必要がある
    ・看板、チラシ、Webサイト、ティッシュ配り、紹介、デジタルサイネージ、ラジオ、テレビなどなんとかして1回目来てもらう集客をする必要がある
  • 3.リピート顧客化
    ・1回来てくれたお客さんを2回目、3回目来てもらう必要がある
    ・口コミで苦労せずに集客が増えていく仕組みが必要
  • 4.組織作り
    ・良い従業員教育が必要
    ・辞める従業員や、不正をする従業員に振り回されるないような組織づくりが必要
  • 5.理想と現実
    ・最終的には広告費をかけずに、ファンが口コミをしてくれて集客に困らないのが理想
    ・麻薬のようなフリーペーパーのクーポン広告を辞めたい
  • 6.外部パートナーの活用
    ・全て自分たちだけでやるのは難しいが、頼りきるもの怖い
    ・できれば自分たちだけでできるようになれば辞めたい

店舗ビジネスラボは上記のような課題に対して、役立つ記事やサービスの提供をしていきます。

今だけ期間限定。
成功者は必ず知ってる
【社長の知恵袋 358】
をメールで受け取る

You might also like...

意外と知られていない!? 店舗で防犯カメラを活用する3つの方法

Read More →