Loading...
You are here:  Home  >  ビジネスフォンを出来るだけ費用をかけずに設置する方法

ビジネスフォンを出来るだけ費用をかけずに設置する方法

店舗ビジネスラボは店舗ビジネスオーナーが対面する課題に対して、
役立つ記事やサービスの提供をしていきます。

今だけ期間限定。
成功者は必ず知ってる
【社長の知恵袋 358】
をメールで受け取る

今すぐご連絡は

Tel:0120-7919-39

mailaddress

無料説明会&相談会申込み

直接詳しい話が聞きたい!記事だけではよくわからない..。といった方向けに
無料説明会を随時開催しております。
お気軽にご連絡ください。

Pocket
LINEで送る
LinkedIn にシェア

大切な見込顧客に家庭用電話機の保留音が流れている瞬間を想像してみてください。

 
受話器をとった電話機

あなたが、ただ初期費用が安い

という理由だけで事業に家庭用電話機を
使っていることの損失を

考えてみてもらいたいのです。

広告なり、口コミなりで電話をしてきた
見込顧客や提携候補の企業が

あなたの会社が使っている電話が、
家庭用電話機だと気づいた時

どう感じるでしょうか?

もちろんそんな信頼感は不要な
お店や企業もあると思います。

しかし、

まだ立ち上げたばかりの店舗で、
少しでも信頼を積み上げたいと

思っているなら、

一度その失っている信頼について
考えて見てください。

ビジネスフォンと家庭用電話機では初期費用が変わるだけで、運用費部分はそう大きく代わりません。

ビジネスフォンは高い!

という印象が強いですが、

一度設置してしまうとそれほど
運用の費用は変わりません。

ビジネスフォンは大きめの企業が設置
するものという印象が強いですが、

そんなことはありません。

そして、ビジネスフォンを導入することで、

どれくらい便利になるか
良く理解していない人が多いです。

ビジネスフォンでは代表電話番号で話し中でも、電話を受ける事ができます。

あなたは大事な電話を待っている時に、
別のスタッフが代表電話番号で長く

話込んでいるのにイライラしたことはないですか?

また、話し中に電話がかかってきている
通知音が聞こえて、

話に集中できなくなったことはないですか?

ビジネスはタイミングが大事なので、
見込顧客が電話をかけてくれている瞬間を

逃したくないはずです。

もちろん、代表電話番号から同時で複数の発信することも可能です。

複数のスタッフがいる場合、

電話をかけるために待機しているというのは、
電話回線が従業員の時間を無駄に奪っている

ということに気づくべきです。

経営者「今、何してるの?」

スタッフ「電話かけようとしてるんですが、電話待ちしてるんです。」

経営者「・・・。」

Unmotivierte Angestellte

しかし、いざビジネスフォンを検討し始めると、どれくらいの価格で出来るかわからないという課題がでてきます。

電話機0円と書かれている広告は、
結局工事費で高く取られるのだと

わかっているはずです。

しかし、問い合わせしないことには
値段がわからないので、

問い合わせをすることで
値段がようやくわかり、

NTTへの依頼なども同時に行わなければ
いけない事に気づきます。

ビジネスフォンの設置をするためには、以下が必要です。

①ビジネスフォン機器の購入(主装置含む)
②ビジネスフォンが使えるようになる工事
③NTTの回線工事

特に、ビジネスフォン機器を
安く販売している会社などは①しか

対応していない会社もあります。

そうすると、またその他の業者を
手配しないといけないということになります。

面倒な作業は一括して任せたい。

そうお考えの方は、一度資料請求をして下さい。

弊社は5000件以上の施工実績があり、
必要な複数の業者を

まとめて依頼することが可能です。

 
 

資料請求はこちら

■ビジネスフォン資料請求お申し込みフォーム



 
 

Pocket
LINEで送る
LinkedIn にシェア


今すぐご連絡は

Tel:0120-7919-39

mailaddress

無料説明会&相談会申込み

直接詳しい話が聞きたい!記事だけではよくわからない..。といった方向けに
無料説明会を随時開催しております。
お気軽にご連絡ください。

■店舗ビジネスオーナーが対面する課題

  • 1.立地と場所
    ・いい場所はなかなか無くて、良いと思う場所は賃料が高い
    ・家賃は固定費となり、それ以上の収益を上げる必要がある
  • 2.集客
    ・奥まった場所や一本入った場所で契約した場合、店舗に来てもらう必要がある
    ・看板、チラシ、Webサイト、ティッシュ配り、紹介、デジタルサイネージ、ラジオ、テレビなどなんとかして1回目来てもらう集客をする必要がある
  • 3.リピート顧客化
    ・1回来てくれたお客さんを2回目、3回目来てもらう必要がある
    ・口コミで苦労せずに集客が増えていく仕組みが必要
  • 4.組織作り
    ・良い従業員教育が必要
    ・辞める従業員や、不正をする従業員に振り回されるないような組織づくりが必要
  • 5.理想と現実
    ・最終的には広告費をかけずに、ファンが口コミをしてくれて集客に困らないのが理想
    ・麻薬のようなフリーペーパーのクーポン広告を辞めたい
  • 6.外部パートナーの活用
    ・全て自分たちだけでやるのは難しいが、頼りきるもの怖い
    ・できれば自分たちだけでできるようになれば辞めたい

店舗ビジネスラボは上記のような課題に対して、役立つ記事やサービスの提供をしていきます。

今だけ期間限定。
成功者は必ず知ってる
【社長の知恵袋 358】
をメールで受け取る

コメントを残す