Loading...
You are here:  Home  >  売上アップに繋がる防犯カメラの使い方

売上アップに繋がる防犯カメラの使い方

Pocket
LINEで送る
LinkedIn にシェア

店舗にとって、防犯カメラほど費用対効果の高い設備はありません。

防犯カメラ

その理由とは?

店舗を運営していると、
いろんなリスクが発生するのですが、

その大きなものが
盗難や強盗などになります。

こちらは防犯カメラを設置していることで
そのリスクが回避できると思います。

犯罪が起こった時に記録しておく
という側面と、

犯罪自体を抑止する
という両方の側面があります。

とにかくそういった面倒なトラブルを
未然に防ぐという効果があります。

防犯カメラは従業員の方の不正も抑制する効果があります。

店舗運営で困るのは内部の不正です。

レジから売上金が減っていたり、
在庫が減っていたりと、

監視されていない環境があると、

つい出来心で不正をしてしまう
従業員がでてきます。

また、従業員同士の盗難も
実際に起こっています。

他のスタッフのロッカーから
現金が取られるという
事件も起こっています。

警察に連絡をしたり後処理の経営者の
手間コストを考えるとぞっとします。

もちろん、精神的にもしんどいです。

組織が機能停止してしまうということを抑止できるとしたら、その効果は絶大です。

そうした不正をする従業員が
1人出ることで、

その悪い効果は波及的に広がります。

しんどい仕事の腹いせに

そうしたことを常習化する
スタッフが出てきてもおかしくありません。

実際、飲食店舗などでは
経営者がいない時に、

食材で勝手に食事を作って
食べていたり

というのはよく起こりえる事です。

しかし、本当に困る問題は、
不正そのものというよりは、

不正ができる環境が
組織に真面目でないスタッフを

増やしてしまうということです。

従業員の研修、高いお金を出して外部に依頼してませんか?教育研修の素材にもなります。

店舗での接客や案内の仕方など、

動画として録画をすることができるので、
それを元に教育に活かすことができます。

スタッフがどのように動いているのかを
把握するのと同時に、

改善できるポイントを一緒に
議論することができるので有効です。

初期費用だけで運用可能なものが多いです。
値段も5万円くらいから可能です。

まずは、資料請求ください。

■防犯カメラ資料請求お申し込みフォーム



 

Pocket
LINEで送る
LinkedIn にシェア


コメントを残す