Loading...
You are here:  Home  >  費用をかけずにスタッフ採用が出来る方法  >  Current Article

有効求人倍率が高い本当の理由

店舗ビジネスラボは店舗ビジネスオーナーが対面する課題に対して、
役立つ記事やサービスの提供をしていきます。

今だけ期間限定。
成功者は必ず知ってる
【社長の知恵袋 358】
をメールで受け取る

今すぐご連絡は

Tel:0120-7919-39

mailaddress

無料説明会&相談会申込み

直接詳しい話が聞きたい!記事だけではよくわからない..。といった方向けに
無料説明会を随時開催しております。
お気軽にご連絡ください。

By   /  2014年8月11日  /  有効求人倍率が高い本当の理由 はコメントを受け付けていません。

Pocket
LINEで送る
LinkedIn にシェア

a1180_009695

ライブドアニュースによると、

最近、有効求人倍率が1.10倍と

労働者にとってはありがたい状況になってきているようです。

 

 

 

ちなみに【求人倍率とは】

求人数(企業が採用したいと思っている人数)を

求職者数(働きたいと思って応募する人の数)で割った数字で、

これが1を上回るか下回るかで

労働市場が「売り手市場」か「買い手市場」かがわかるようになっています。

 

 

 

しかし、その数字には落とし穴が!

実はその数値は

正社員・契約社員・アルバイト・パートを

全て平均した数値であり、

正社員だけだと0.68倍と、

かなり低い数値になっています。

 

 

 

要は、企業は

コストパフォーマンスを求め

アルバイト・パートを多く雇用するようになり

社会保険やその他多くの人件費のかかる正社員を

雇用するのを減らそうとしています。

 

 

 

飲食店等の店長も

正社員ではなく、バイトが店長を勤める時代。

 

 

 

40代で年収200万円台のサラリーマンが

増えてきているそうです。

 

 

 

かつて社員がやっていた仕事は

派遣社員が勤め、

 

 

 

その仕事も学生のバイトや

主婦層のパートに

 

 

 

取って代わるとも

言われております。

 

 

 

働き盛りの30代・40代。

 

 

 

特に製造業に勤めている方は

要注意です。

 

 

 

家族を養っていく為にも

自分で副業からビジネスを立ち上げている人も

増えている昨今。

 

 

 

あなたは、何か将来のビジョンを

考えていらっしゃるでしょうか?

 

 

 

時代に淘汰されないように

今のうちに何か

他の収入源の戦略を練っては

 

 

 

いかがでしょうか。

 

 

≪Livedoor newsより抜粋引用≫

http://news.livedoor.com/article/detail/9114635/

有効求人倍率が1.10倍と22年ぶりの高水準

厚生労働省の発表によれば、2014年6月の有効求人倍率(季節調整値)が1.10倍と22年ぶりの高水準となったそうです。

確かに、「求人難」という言葉を耳にするようになったりして、企業の人手不足感が伝わってきますが、その数字の中身を分析してみると、「景気が良くなってきている」と安易に考えて良いものかどうかは怪しいといえます。

数字の中身を見ると、労働市場の偏り・ミスマッチが浮き彫りに

まず、先ほどの有効求人倍率ですが、正社員に限ってみると0.68倍となっており、依然として1を大幅に切る数字となっています。正社員になりたくても、その門は未だ狭きものであることがわかります。全体の有効求人倍率を押し上げているのは、パート・アルバイトなどの非正規雇用求人であるといえるでしょう。

また、1.10倍という数字は様々な職種全体の平均値です。職業別の有効求人倍率を見てみると、建設業は2.71倍、介護職は2.04倍と高い数字を示していますが、販売営業職は0.99倍、一般の事務職に至っては0.28倍となっていて、職業間の差が大きくなっています。労働市場の偏り・ミスマッチが浮き彫りになっています。

Pocket
LINEで送る
LinkedIn にシェア

今すぐご連絡は

Tel:0120-7919-39

mailaddress

無料説明会&相談会申込み

直接詳しい話が聞きたい!記事だけではよくわからない..。といった方向けに
無料説明会を随時開催しております。
お気軽にご連絡ください。

■店舗ビジネスオーナーが対面する課題

  • 1.立地と場所
    ・いい場所はなかなか無くて、良いと思う場所は賃料が高い
    ・家賃は固定費となり、それ以上の収益を上げる必要がある
  • 2.集客
    ・奥まった場所や一本入った場所で契約した場合、店舗に来てもらう必要がある
    ・看板、チラシ、Webサイト、ティッシュ配り、紹介、デジタルサイネージ、ラジオ、テレビなどなんとかして1回目来てもらう集客をする必要がある
  • 3.リピート顧客化
    ・1回来てくれたお客さんを2回目、3回目来てもらう必要がある
    ・口コミで苦労せずに集客が増えていく仕組みが必要
  • 4.組織作り
    ・良い従業員教育が必要
    ・辞める従業員や、不正をする従業員に振り回されるないような組織づくりが必要
  • 5.理想と現実
    ・最終的には広告費をかけずに、ファンが口コミをしてくれて集客に困らないのが理想
    ・麻薬のようなフリーペーパーのクーポン広告を辞めたい
  • 6.外部パートナーの活用
    ・全て自分たちだけでやるのは難しいが、頼りきるもの怖い
    ・できれば自分たちだけでできるようになれば辞めたい

店舗ビジネスラボは上記のような課題に対して、役立つ記事やサービスの提供をしていきます。

今だけ期間限定。
成功者は必ず知ってる
【社長の知恵袋 358】
をメールで受け取る

You might also like...

求人応募・スタッフ募集に失敗する理由

Read More →