【顧客を守る防犯カメラ】店舗のイメージアップに繋がる防犯カメラの導入メリット3選

店舗ビジネスラボは店舗ビジネスオーナーが対面する課題に対して、
役立つ記事やサービスの提供をしていきます。

今だけ期間限定。
成功者は必ず知ってる
【社長の知恵袋 358】
をメールで受け取る

今すぐご連絡は

Tel:0120-7919-39

mailaddress

無料説明会&相談会申込み

直接詳しい話が聞きたい!記事だけではよくわからない..。といった方向けに
無料説明会を随時開催しております。
お気軽にご連絡ください。

防犯カメラページへ

防犯カメラ資料請求の
お申し込みはこちらから

By  【顧客を守る防犯カメラ】店舗のイメージアップに繋がる防犯カメラの導入メリット3選 はコメントを受け付けていません。

Pocket
LINEで送る
LinkedIn にシェア

本当に防犯カメラをつける
必要があるのか?
 

防犯カメラの設置を検討するとき
そんな思いがよぎって迷ってしまう……

ということ、ありますよね?
 

その理由とは

  • 設備投資費や維持費などの金銭的な問題
  • 顧客のプライバシーの問題

大きくわけて、この2点だといえます。

金銭面については

設置する店舗や会社に
適した防犯カメラの
見積もりをとることで答えが出ます。
 

プライバシーの問題については

人によって感じ方が違うので
難しいところですよね。
 

防犯カメラの設置により
プライバシーを侵害されたと感じて

顧客の足が遠のいてしまうのは
避けたいものです。
 

だけど
 
必ずしも顧客がマイナスイメージを
持つわけではありません。
 

むしろ、あなたの店舗や会社の
イメージアップにもつながるのです!

今回は、その理由をお伝えします。
 
 
 
1.防犯対策をしているから安心できる
 
 
顧客が最も心配しているのは
自分が犯罪に巻き込まれることです。
 

あなたの店舗や会社だから
心配しているというわけではありません。
 

どこにいても犯罪に巻き込まれたり
危険な目にあうかもしれないという

潜在的な恐れがあるということです。
 

インターネット通販が人気なのは
利便性もありますが

そういったリスクを回避したい
という無意識の行動でもあります。
 
 

防犯カメラは犯罪を防ぐ
抑止力があるため

そういった恐れを緩和する働きがあります。
 

 ですから

「ここは安心できる場所です」
と示すことで

顧客はあなたの店舗や会社に
足を運ぶようになるでしょう。
 
 
 
2.プライバシーの侵害ではなく信頼である
 
 
1で伝えたように、
防犯カメラを設置していることが

安心や信頼につながります。
 

近年、スマートフォンや携帯電話などの
カメラの普及により

「撮影される」ということに
抵抗感がなくなってきています。
 

また、店舗に限らず、街でも
防犯カメラが設置されているため

「防犯カメラに映る=プライバシーの侵害」

というイメージより、

安全のために設置されていると
認識されつつあります。
 

だけど、店舗や会社での
防犯カメラが警戒されるのは

その映像がどのように
使用されているのかがわからないからです。
 

ですから
 

記録の保管方法を明確に説明したり

犯罪が発生したときに
警察に提出する以外では
使用しないことを明記するなど

顧客のプライバシーに
配慮していることを伝えれば

それが企業や店舗としての
信頼へとつながります。
 
 
 
3.企業努力が評価される
 
 
防犯カメラを設置した方が
いいのはわかっているけど
 

システムを導入するのは面倒だし……

費用もかかってしまうし……
 

そう考える経営者は少なくないでしょう。
 

しかし
 

経営者が思っている以上に
顧客は企業努力を見ています。
 

顧客の安全や信頼のために
設備投資をする

会社や店舗に対して
実行力とリスク管理能力があり

お客様を第一に考えている点を
顧客は評価するのです。
 
 

以上が、イメージアップの理由です。
 

防犯カメラを設置して犯罪の防止と
イメージアップをはかりませんか?
 
 

Pocket
LINEで送る
LinkedIn にシェア

防犯カメラページへ

防犯カメラ資料請求の
お申し込みはこちらから

今すぐご連絡は

Tel:0120-7919-39

mailaddress

無料説明会&相談会申込み

直接詳しい話が聞きたい!記事だけではよくわからない..。といった方向けに
無料説明会を随時開催しております。
お気軽にご連絡ください。

■店舗ビジネスオーナーが対面する課題

  • 1.立地と場所
    ・いい場所はなかなか無くて、良いと思う場所は賃料が高い
    ・家賃は固定費となり、それ以上の収益を上げる必要がある
  • 2.集客
    ・奥まった場所や一本入った場所で契約した場合、店舗に来てもらう必要がある
    ・看板、チラシ、Webサイト、ティッシュ配り、紹介、デジタルサイネージ、ラジオ、テレビなどなんとかして1回目来てもらう集客をする必要がある
  • 3.リピート顧客化
    ・1回来てくれたお客さんを2回目、3回目来てもらう必要がある
    ・口コミで苦労せずに集客が増えていく仕組みが必要
  • 4.組織作り
    ・良い従業員教育が必要
    ・辞める従業員や、不正をする従業員に振り回されるないような組織づくりが必要
  • 5.理想と現実
    ・最終的には広告費をかけずに、ファンが口コミをしてくれて集客に困らないのが理想
    ・麻薬のようなフリーペーパーのクーポン広告を辞めたい
  • 6.外部パートナーの活用
    ・全て自分たちだけでやるのは難しいが、頼りきるもの怖い
    ・できれば自分たちだけでできるようになれば辞めたい

店舗ビジネスラボは上記のような課題に対して、役立つ記事やサービスの提供をしていきます。

今だけ期間限定。
成功者は必ず知ってる
【社長の知恵袋 358】
をメールで受け取る

You might also like...

意外と知られていない!? 店舗で防犯カメラを活用する3つの方法

Read More →