Loading...
You are here:  Home  >  今日からできる新規顧客の増やし方  >  Current Article

好印象を与える人物撮影で効果的な動画集客を行うポイント~聴覚編~

店舗ビジネスラボは店舗ビジネスオーナーが対面する課題に対して、
役立つ記事やサービスの提供をしていきます。

今だけ期間限定。
成功者は必ず知ってる
【社長の知恵袋 358】
をメールで受け取る

今すぐご連絡は

Tel:0120-7919-39

mailaddress

無料説明会&相談会申込み

直接詳しい話が聞きたい!記事だけではよくわからない..。といった方向けに
無料説明会を随時開催しております。
お気軽にご連絡ください。

動画制作、映像制作の料金ページへ

動画CM資料請求の
お申し込みはこちらから

By   /  2014年9月28日  /  好印象を与える人物撮影で効果的な動画集客を行うポイント~聴覚編~ はコメントを受け付けていません。

Pocket
LINEで送る
LinkedIn にシェア

動画で人物を撮影するとき
の視覚的なポイントは
 
すでにお伝えした通りですが
 
あなどってはいけないのが
「聴覚情報」です。
 
 
特に日本人には「行間を読む」
という感覚があり
 
その人の言葉の奥にある心情を
推しはかろうとするものです。
 
そのときに判断材料として使用するのが
 
視覚や聴覚といったノンバーバル(非言語)
情報だといえます。
 
 
 
今回は、動画で好印象を与えるための
 
聴覚情報の活用方法をお伝えします。
 
 
 
1.聴覚情報は「声」だけじゃない!
 
 
聴覚情報とは耳から入ってくる情報です。
 
人物を撮影する場合、
主な聴覚情報は「声」です。
 
 
それ以外にも、
バッググラウンドミュージックや
 
その空間や人が発する音も
「情報」として伝わります。
 
 
例えば、ドアを閉める音や足音の大きさ
 
咳払いや息継ぎの音なども
聴覚情報として伝わるので
 
動画を見ている人が
不快に感じる音を発していないか
 
撮り終えてからチェックしてみましょう。
 
 
 
2.「良い声」がすべてではない
 
聴覚情報といえば、
やはり「声」が大切です。
 
しかし
 
男性なら低くて落ち着いた声
 
女性なら高くてかわいらしい声が
いいというわけではありません。
 
 
脳は音を快と不快で判別しています。
 
それは声の高さや低さよりも
 
声の大きさや抑揚などが
影響しているといえます。
 
 
ですから、不快な聴覚情報を与えず
 
いかに快を感じてもらうかも
大きなポイントです。
 
 
3.声にも表情がある
 
声が伝える情報は、話の内容以外にも
さまざまな情報があります。
 
たとえば
 
話すテンポが早い人は
せっかちな印象を与え
 
テンポが遅い人は
おっとりとした性格だと
判断されます。
 
また
 
もともと持つ声の性質に関係なく
 
トーンの明るさによっても
印象が変わります。
 
 
自分の職場や取引先などに
電話をかけたとき
 
それを受けた人の声のトーンが暗いとき
 
あなたはどのように感じるでしょうか?
 
 
「なんだか活気がないなぁ」
と感じたり
 
「迷惑だったかな……」
と感じるはずです。
 
 
それはつまり、相手の表情(視覚情報)
が見えないときは
 
声の情報だけで相手の状況を
判断しているということです。
 
 
動画では人物の表情が伝わりますが
 
それと同時に、
声のトーンやテンポから
 
多くの情報が伝わるということを
意識して話すことが大切です。
 
 
たとえば
 
動画では明るくて元気なイメージを
伝えたい場合は
 
声のトーンを明るくして、
聞きとりやすいハキハキとした口調で
 
大きめの声で話すといいでしょう。
 
 
その反対に、落ち着いた印象を
与えたいときは
 
声のトーンやボリュームを落として
 
ゆっくりとしたテンポで
語りかけるように話しましょう。
 
 
このように聴覚情報を
有効活用することで
 
人物の魅力が伝わる
動画が作成できるので
 
ぜひ、耳から入る情報を
意識してみてください。
 
 

Pocket
LINEで送る
LinkedIn にシェア

動画制作、映像制作の料金ページへ

動画CM資料請求の
お申し込みはこちらから

今すぐご連絡は

Tel:0120-7919-39

mailaddress

無料説明会&相談会申込み

直接詳しい話が聞きたい!記事だけではよくわからない..。といった方向けに
無料説明会を随時開催しております。
お気軽にご連絡ください。

■店舗ビジネスオーナーが対面する課題

  • 1.立地と場所
    ・いい場所はなかなか無くて、良いと思う場所は賃料が高い
    ・家賃は固定費となり、それ以上の収益を上げる必要がある
  • 2.集客
    ・奥まった場所や一本入った場所で契約した場合、店舗に来てもらう必要がある
    ・看板、チラシ、Webサイト、ティッシュ配り、紹介、デジタルサイネージ、ラジオ、テレビなどなんとかして1回目来てもらう集客をする必要がある
  • 3.リピート顧客化
    ・1回来てくれたお客さんを2回目、3回目来てもらう必要がある
    ・口コミで苦労せずに集客が増えていく仕組みが必要
  • 4.組織作り
    ・良い従業員教育が必要
    ・辞める従業員や、不正をする従業員に振り回されるないような組織づくりが必要
  • 5.理想と現実
    ・最終的には広告費をかけずに、ファンが口コミをしてくれて集客に困らないのが理想
    ・麻薬のようなフリーペーパーのクーポン広告を辞めたい
  • 6.外部パートナーの活用
    ・全て自分たちだけでやるのは難しいが、頼りきるもの怖い
    ・できれば自分たちだけでできるようになれば辞めたい

店舗ビジネスラボは上記のような課題に対して、役立つ記事やサービスの提供をしていきます。

今だけ期間限定。
成功者は必ず知ってる
【社長の知恵袋 358】
をメールで受け取る

You might also like...

お店にお客さんが来ない理由とその原因

Read More →