Loading...
You are here:  Home  >  アライアンス・コラボ・JV  >  Current Article

なぜ異業種コラボをすべきか

店舗ビジネスラボは店舗ビジネスオーナーが対面する課題に対して、
役立つ記事やサービスの提供をしていきます。

今だけ期間限定。
成功者は必ず知ってる
【社長の知恵袋 358】
をメールで受け取る

今すぐご連絡は

Tel:0120-7919-39

mailaddress


By  なぜ異業種コラボをすべきか はコメントを受け付けていません。

Pocket
LINEで送る
LinkedIn にシェア

20140928_054054000_iOS

お忙しい中、お読みいただき
感謝いたします。

異業種コラボ.link、主宰の坂本真司です。

異業種コラボ.link:
http://collabo.link/

今回は「異業種コラボ」のオススメ記事です。

異業種コラボのいいところは、
最小限の手間ヒマコストで

他の広告宣伝手法より効果が
期待できるところです。

たとえば、集客や求人において
フリーペーパーに掲載するのと、

近所のお店に頼んでチラシを
置いてもらうのとでは、

どちらが費用対効果、
労力対効果が高そうでしょうか。

もちろん規模によっても違いますし、
マッチングが重要ではあります。

しかし費用対効果でみれば、
まず異業種コラボの方が良いと
いえるでしょう。

なぜならコラボの場合は
金銭を支払って依頼しなくても、

相手のメリットになるようなことを
こちらがすれば成立するからです。

次に労力対効果についてですが、
これについては意外と労力が
かかってしまいます。

それで敬遠されている方も
多いのかもしれませんが、
しないのはあまりにももったいない。

こういった理由から、
異業種コラボ.linkを
立ち上げさせていただきました。

異業種コラボに前向きな方、
一度効果を試してみたい方同士を

おつなぎする場にしたいと
考えています。

ご興味のある方はこの機会に
ご登録願います。

異業種コラボ.link 無料登録:
http://collabo.link/form

Pocket
LINEで送る
LinkedIn にシェア

今すぐご連絡は

Tel:0120-7919-39

mailaddress


■店舗ビジネスオーナーが対面する課題

  • 1.立地と場所
    ・いい場所はなかなか無くて、良いと思う場所は賃料が高い
    ・家賃は固定費となり、それ以上の収益を上げる必要がある
  • 2.集客
    ・奥まった場所や一本入った場所で契約した場合、店舗に来てもらう必要がある
    ・看板、チラシ、Webサイト、ティッシュ配り、紹介、デジタルサイネージ、ラジオ、テレビなどなんとかして1回目来てもらう集客をする必要がある
  • 3.リピート顧客化
    ・1回来てくれたお客さんを2回目、3回目来てもらう必要がある
    ・口コミで苦労せずに集客が増えていく仕組みが必要
  • 4.組織作り
    ・良い従業員教育が必要
    ・辞める従業員や、不正をする従業員に振り回されるないような組織づくりが必要
  • 5.理想と現実
    ・最終的には広告費をかけずに、ファンが口コミをしてくれて集客に困らないのが理想
    ・麻薬のようなフリーペーパーのクーポン広告を辞めたい
  • 6.外部パートナーの活用
    ・全て自分たちだけでやるのは難しいが、頼りきるもの怖い
    ・できれば自分たちだけでできるようになれば辞めたい

店舗ビジネスラボは上記のような課題に対して、役立つ記事やサービスの提供をしていきます。

今だけ期間限定。
成功者は必ず知ってる
【社長の知恵袋 358】
をメールで受け取る