Loading...
You are here:  Home  >  今日からできる新規顧客の増やし方  >  Current Article

動画集客でライバル店・競合と差別化するために必要な個性や魅力を伝える方法

店舗ビジネスラボは店舗ビジネスオーナーが対面する課題に対して、
役立つ記事やサービスの提供をしていきます。

今だけ期間限定。
成功者は必ず知ってる
【社長の知恵袋 358】
をメールで受け取る

今すぐご連絡は

Tel:0120-7919-39

mailaddress

無料説明会&相談会申込み

直接詳しい話が聞きたい!記事だけではよくわからない..。といった方向けに
無料説明会を随時開催しております。
お気軽にご連絡ください。

動画制作、映像制作の料金ページへ

動画CM資料請求の
お申し込みはこちらから

By  動画集客でライバル店・競合と差別化するために必要な個性や魅力を伝える方法 はコメントを受け付けていません。

Pocket
LINEで送る
LinkedIn にシェア

前編ではオリジナリティーを
出さないことで引き起こされる
 
デメリットによるスパイラル(悪循環)
についてお伝えしました。
 
それでは、オリジナリティーを出すためには
 
どのような点を
明確に表現すればいいのでしょうか?
 
 
1.コンセプトを明確化する
 
あなたの会社には企業理念があり
 
商品やサービスには
商品名がついているはずです。
 
もしも、それが社内だけで
共有されているものであれば
 
ターゲットが理解しやすい言葉に
置き換えて伝えましょう。
 
シンプルでコンセプトがはっきりと伝わる
 
キャッチフレーズやロゴマークも
効果的です。
 
 
最終的には、
「コンピューターといえばApple」
というように
 
「○○といえばあなたの会社」
と誰もが連想するほどになれば
 
オリジナリティーを確立したといえます。
 
 
動画でコンセプトや理念を伝えるときは
 
登場人物が語るだけでなく
テロップを流すなど
 
文字情報もあわせて
伝えるのがおすすめです。
 
 
2.ターゲットに訴えかける
 
あなたの店舗やサロン
 
またはサービスや商品の
 
コアなターゲットとなる人物像を
明確化しましょう。
 
そして、その人が
動画を見ていると想定して
 
店舗に足を運びたくなるような
イメージを作っていきます。
 
 
(例)リラクゼーションサロン
 
ターゲット
20代女性がメイン
会社帰りに疲れをとる癒しの場所
 
ターゲットとなるモデルが
 
サロンに入ってくるところから
始まるドラマ仕立て。
 
金曜の夕方、会社帰りの女性が
サロンに入るところから動画が始まる。
 
施術スタッフが笑顔で迎えて
サロンの奥に案内し
 
個室にてアロマトリートメントを
受けてリラックス。
 
すっかり癒されて
帰っていくところで完結する。
 
 
というように、特定のターゲットを
設定して訴えかけることで
 
動画を視聴しているターゲットの
共感を誘い
 
来店の動機につなげることができます。
 
 
3.個性を詳細に伝える
 
あなたの会社の商品やサービスを
紹介する場合は
 
その商品の特色や個性を
詳細に解説してください。
 
 
大きさ、色、形、質感、使用方法など
 
視聴者がまるで商品を
手にとったかのように
 
明確にイメージできるのは
動画ならでの長所です。
 
また、自社商品の魅力を
徹底的に分析することで
 
あなたの会社にしかない
オリジナリティーを
伝えることができます。
 
 
いかがでしたか?
 
以上の3つの点を意識するだけでも
 
競合にはないあなたの会社や
商品の魅力が伝わります。
 
動画を撮るときや商品のPRをする際に
 
役立てていただけるとうれしいです。
 
 

Pocket
LINEで送る
LinkedIn にシェア

動画制作、映像制作の料金ページへ

動画CM資料請求の
お申し込みはこちらから

今すぐご連絡は

Tel:0120-7919-39

mailaddress

無料説明会&相談会申込み

直接詳しい話が聞きたい!記事だけではよくわからない..。といった方向けに
無料説明会を随時開催しております。
お気軽にご連絡ください。

■店舗ビジネスオーナーが対面する課題

  • 1.立地と場所
    ・いい場所はなかなか無くて、良いと思う場所は賃料が高い
    ・家賃は固定費となり、それ以上の収益を上げる必要がある
  • 2.集客
    ・奥まった場所や一本入った場所で契約した場合、店舗に来てもらう必要がある
    ・看板、チラシ、Webサイト、ティッシュ配り、紹介、デジタルサイネージ、ラジオ、テレビなどなんとかして1回目来てもらう集客をする必要がある
  • 3.リピート顧客化
    ・1回来てくれたお客さんを2回目、3回目来てもらう必要がある
    ・口コミで苦労せずに集客が増えていく仕組みが必要
  • 4.組織作り
    ・良い従業員教育が必要
    ・辞める従業員や、不正をする従業員に振り回されるないような組織づくりが必要
  • 5.理想と現実
    ・最終的には広告費をかけずに、ファンが口コミをしてくれて集客に困らないのが理想
    ・麻薬のようなフリーペーパーのクーポン広告を辞めたい
  • 6.外部パートナーの活用
    ・全て自分たちだけでやるのは難しいが、頼りきるもの怖い
    ・できれば自分たちだけでできるようになれば辞めたい

店舗ビジネスラボは上記のような課題に対して、役立つ記事やサービスの提供をしていきます。

今だけ期間限定。
成功者は必ず知ってる
【社長の知恵袋 358】
をメールで受け取る

You might also like...

お店にお客さんが来ない理由とその原因

Read More →