Loading...
You are here:  Home  >  今日からできる新規顧客の増やし方  >  Current Article

外国人集客によって売上があがる7つの理由

店舗ビジネスラボは店舗ビジネスオーナーが対面する課題に対して、
役立つ記事やサービスの提供をしていきます。

今だけ期間限定。
成功者は必ず知ってる
【社長の知恵袋 358】
をメールで受け取る

今すぐご連絡は

Tel:0120-7919-39

mailaddress

無料説明会&相談会申込み

直接詳しい話が聞きたい!記事だけではよくわからない..。といった方向けに
無料説明会を随時開催しております。
お気軽にご連絡ください。

By   /  2014年10月1日  /  外国人集客によって売上があがる7つの理由 はコメントを受け付けていません。

Pocket
LINEで送る
LinkedIn にシェア

a1180_001395_m

理由1.日本人の数が減少し続けているため

ご存知のとおり日本人の数は減少しており、
回復の見込みは今のところないようです。

つまり今後も長く商売を続けるつもりなら、
日本人のみを相手にしていると、

顧客や見込み客の絶対数が減ってしまう
可能性が高いというわけです。

理由2.2020年に東京オリンピックがあるため

まだ気が早いと思われるかもしれませんが、
準備をするなら今から始めておいて
損はないでしょう。

というか、先見の明のある事業家は
既に手を打たれているはずです。

オリンピック特需に沸き始めた頃に
準備を始めようとするのでは遅すぎます。

今から始めても早すぎることはありません。

理由3.既に街で見かける外国人の数が増えているため

これは私の主観であり、
土地によって差があるでしょう。

しかしオリンピックのような
特別大きなイベントが
仮になかったとしても

今後日本の人口における
外国人の割合は増えていくのは
ほぼ間違いないと思われます。

理由4.大多数の店はまだ対応していないため

今まで見てきたような理由から
外国人対応はもう出来ているべき
のはずなのですが……

残念ながらというか、
ラッキーなことにというべきか

外国語メニューですら対応できている
店の方が少ないのが現状です。

東京ではできている店も
多いかもしれませんが、

今後は地方の店にも外国人が
訪れることになるでしょう。

そのとき対応している店が
一店舗だけなら……

理由5.おそらく今が最後のチャンスと思われるため

みな以上のことは気づいているはずです。

既に対応済みの店もある。

しかしできていない店も多い。

ということは、まだチャンスはあるはず。

動くなら、大きなうねりが来る前に
先んじて制すのがオススメです。

理由6.3、4ヶ国語メニューが普通になると思われるため

日本に訪れる外国人の国籍も
今後どんどん多様になっていくでしょう。

英語、中国語、韓国語を始め、
様々な言語に対応しなければ
ならなくなってくるかもしれません。

理由7.タブレットやノートPCで比較的容易に対応出来るため

分かっちゃいるけど大変そうで
なかなか取り組めない……

そんな方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、今は便利なIT機器を
比較的安価に導入できる時代です。

本格対応は後回しにして、iPadなどの
タブレットやノートPCを見せたり

音声を再生したりしての対応も
可能なのではないでしょうか。

最悪スマホでも対応できるシーンも
あるかもしれません。

店舗ビジネス支援ラボでは
外国人対応の支援事業も
予定しています。

ご検討中の方はお気軽にご連絡願います。

Pocket
LINEで送る
LinkedIn にシェア

今すぐご連絡は

Tel:0120-7919-39

mailaddress

無料説明会&相談会申込み

直接詳しい話が聞きたい!記事だけではよくわからない..。といった方向けに
無料説明会を随時開催しております。
お気軽にご連絡ください。

■店舗ビジネスオーナーが対面する課題

  • 1.立地と場所
    ・いい場所はなかなか無くて、良いと思う場所は賃料が高い
    ・家賃は固定費となり、それ以上の収益を上げる必要がある
  • 2.集客
    ・奥まった場所や一本入った場所で契約した場合、店舗に来てもらう必要がある
    ・看板、チラシ、Webサイト、ティッシュ配り、紹介、デジタルサイネージ、ラジオ、テレビなどなんとかして1回目来てもらう集客をする必要がある
  • 3.リピート顧客化
    ・1回来てくれたお客さんを2回目、3回目来てもらう必要がある
    ・口コミで苦労せずに集客が増えていく仕組みが必要
  • 4.組織作り
    ・良い従業員教育が必要
    ・辞める従業員や、不正をする従業員に振り回されるないような組織づくりが必要
  • 5.理想と現実
    ・最終的には広告費をかけずに、ファンが口コミをしてくれて集客に困らないのが理想
    ・麻薬のようなフリーペーパーのクーポン広告を辞めたい
  • 6.外部パートナーの活用
    ・全て自分たちだけでやるのは難しいが、頼りきるもの怖い
    ・できれば自分たちだけでできるようになれば辞めたい

店舗ビジネスラボは上記のような課題に対して、役立つ記事やサービスの提供をしていきます。

今だけ期間限定。
成功者は必ず知ってる
【社長の知恵袋 358】
をメールで受け取る

You might also like...

お店にお客さんが来ない理由とその原因

Read More →