【防犯カメラを設置して従業員を見張る3つの理由】監視によって事前に防げる~その2~

店舗ビジネスラボは店舗ビジネスオーナーが対面する課題に対して、
役立つ記事やサービスの提供をしていきます。

今だけ期間限定。
成功者は必ず知ってる
【社長の知恵袋 358】
をメールで受け取る

今すぐご連絡は

Tel:0120-7919-39

mailaddress

無料説明会&相談会申込み

直接詳しい話が聞きたい!記事だけではよくわからない..。といった方向けに
無料説明会を随時開催しております。
お気軽にご連絡ください。

防犯カメラページへ

防犯カメラ資料請求の
お申し込みはこちらから

By  【防犯カメラを設置して従業員を見張る3つの理由】監視によって事前に防げる~その2~ はコメントを受け付けていません。

Pocket
LINEで送る
LinkedIn にシェア

 
従業員が罪を犯すなんて考えたくない……。

あなたが経営者や責任者なら
従業員を信じたいと思うでしょう。
 

しかし

実は、軽い気持ちで罪を
犯してしまうこともあるのが

人間の心理というものです。
 

前回お伝えした従業員が
罪を犯してしまう3つの理由です。

【3つの理由】
1.罪を犯す「機会」がある
2.罪の意識がない
3.労働環境に不満がある

→「1.罪を犯す『機会』がある」の理由と対策はこちら

今回は、罪の意識がない場合の具体例と
対策についてお伝えします。
 

2.罪の意識がない

社内の犯罪といっても
従業員に罪の意識がない場合もあります。
 

たとえば

こういった場合も軽犯罪行為に値します。

  • 余ったノベルティーグッズを友達にあげる
  • ノベルティーグッズを自分で使う
  • 使用期限が切れた商品や食品を人にあげる
  • クーポンやサービス券を多めに渡す
  • サンプルや試供品を私用として使う
  • サンプルや試供品を人にあげる
  • 会社の備品(消耗品)を持ち帰る

 

これらの行為を店舗の責任者や経営者に
許可を得ずに行った場合は
犯罪にあたります。
 

「どうせ余っているから」や
「どうせ捨てるのなら……」という気持ちから

友達やよく来店してくれる顧客に
サービスのつもりで渡してしまうのは

罪の意識がないということです。
 

しかし

ノベルティーを制作するのも
コストがかかっています。

また、○円以上をお買い上げの方だけの
特典の場合は

条件を満たしていないのに
ノベルティーを渡すのは不公平になり

顧客の信用を失うことにもなりかねません。
 

クーポンやサービス券も
その分の金額を渡しているのと同じです。

その結果、店舗や会社の売上が
落ちることもあるでしょう。
 

【対策】

  • 備品やサービス券などの数を管理する
  • 少なくなっていることに気付いたら朝礼などで伝える
  • 勝手に持ち出すことは犯罪であると周知させる
  • コストと売上など経営の仕組みについての勉強会を開く
  • 具体的な例を挙げて説明する
  • 社内のルールを徹底化する

 

従業員の良心や常識を信じるのは
悪いことではありませんが

「えっ、それって犯罪だったの!?」

と、驚く人もいるかもしれません。
 

しかし

もしも、防犯カメラが作動していれば

「この行動を見られたらマズイかも……」

という自制心が働きます。

それが犯罪だと認識しているか
どうかに関わらず

そういった行動を防止できるということです。
 

ただし

従業員の行動を把握していなければ
これらの問題があったとしても
浮き彫りになりません。

罪を犯しているという意識がないからです。

行動を「監視」ではなく「把握」するために

防犯カメラの導入を
検討していただけるとうれしいです。
 
 

Pocket
LINEで送る
LinkedIn にシェア

防犯カメラページへ

防犯カメラ資料請求の
お申し込みはこちらから

今すぐご連絡は

Tel:0120-7919-39

mailaddress

無料説明会&相談会申込み

直接詳しい話が聞きたい!記事だけではよくわからない..。といった方向けに
無料説明会を随時開催しております。
お気軽にご連絡ください。

■店舗ビジネスオーナーが対面する課題

  • 1.立地と場所
    ・いい場所はなかなか無くて、良いと思う場所は賃料が高い
    ・家賃は固定費となり、それ以上の収益を上げる必要がある
  • 2.集客
    ・奥まった場所や一本入った場所で契約した場合、店舗に来てもらう必要がある
    ・看板、チラシ、Webサイト、ティッシュ配り、紹介、デジタルサイネージ、ラジオ、テレビなどなんとかして1回目来てもらう集客をする必要がある
  • 3.リピート顧客化
    ・1回来てくれたお客さんを2回目、3回目来てもらう必要がある
    ・口コミで苦労せずに集客が増えていく仕組みが必要
  • 4.組織作り
    ・良い従業員教育が必要
    ・辞める従業員や、不正をする従業員に振り回されるないような組織づくりが必要
  • 5.理想と現実
    ・最終的には広告費をかけずに、ファンが口コミをしてくれて集客に困らないのが理想
    ・麻薬のようなフリーペーパーのクーポン広告を辞めたい
  • 6.外部パートナーの活用
    ・全て自分たちだけでやるのは難しいが、頼りきるもの怖い
    ・できれば自分たちだけでできるようになれば辞めたい

店舗ビジネスラボは上記のような課題に対して、役立つ記事やサービスの提供をしていきます。

今だけ期間限定。
成功者は必ず知ってる
【社長の知恵袋 358】
をメールで受け取る

You might also like...

【新品と中古を比較!】あなたの会社にあったビジネスフォンの選び方~中古の場合~

Read More →