Loading...
You are here:  Home  >  経営者を顧客にする〇つの方法  >  Current Article

質問の質をあげて、社長の悩みを引き出す重要性

店舗ビジネスラボは店舗ビジネスオーナーが対面する課題に対して、
役立つ記事やサービスの提供をしていきます。

今だけ期間限定。
成功者は必ず知ってる
【社長の知恵袋 358】
をメールで受け取る

今すぐご連絡は

Tel:0120-7919-39

mailaddress

無料説明会&相談会申込み

直接詳しい話が聞きたい!記事だけではよくわからない..。といった方向けに
無料説明会を随時開催しております。
お気軽にご連絡ください。

新規営業で社長にアプローチページへ

社長アプローチ資料請求の
お申し込みはこちらから

By   /  2014年9月12日  /  質問の質をあげて、社長の悩みを引き出す重要性 はコメントを受け付けていません。

Pocket
LINEで送る
LinkedIn にシェア

アプローチしたい社長の悩みを
あなたの会社の商品や
サービスで解決できたら

社長はあなたの話を
もっと聞きたいと感じます。

その場で商談が成立する
場合もあるでしょう。

ですが

社長の悩みというのは
経営に直結する場合があり

信頼関係を築くまでは、
なかなか話してもらえません。

そこで、今回は社長の悩みを
引き出すのに有効な

3つの質問法についてお伝えします。

1.「はい」か「いいえ」を選ぶクローズドクエスチョン

答えが
「はい」または「いいえ」
で答えられる質問を

クローズドクエスチョンといいます。

たとえば、
「この後は予定がありますか?」
とたずねた場合

予定があれば「はい」、
なければ「いいえ」と答えます。

この質問の良いところは、
すぐに答えが返ってくるところです。

相手が答えに困ったり、
考え込んでしまうような
質問をすると

沈黙が流れてしまうものです。

テンポよく会話をしたいときや

話し始めるときの「つかみ」として
有効です。

ただし、
「はい」または「いいえ」の返答だけで

会話が終わってしまう場合もあるので

その答えをきっかけに
会話を広げるといいでしょう。

2.自由に話してもらえるオープンクエスチョン

社長が自ら悩みについて話してくれたら
こんなにうれしいことはありませんよね?

相手に自由に話してもらえる質問を
オープンクエスチョンといいます。

たとえば

「売上を伸ばすために、
どのような工夫をしていますか?」

というように質問をすれば

その会社や社長が
売上を伸ばすためにしていることを

具体的に話してくれるでしょう。

すると、その会話の中に
社長の悩みや問題点の
ヒントが見えてきます。

ここで気をつけたいことは、
あまり抽象的な質問をしないことです。

相手が質問の答えに困っているようなら

クローズドクエスチョンに切り替えて

質問の焦点を絞るのもいいでしょう。

2つの質問を混ぜて使うことで
会話に詰まることがなくなり

より多くの情報を引き出すことができます。

3.より深い話を聞くためのとっておきの質問

はっきりとした悩みではなくても

どこかスッキリしない話し方をする場合は

社長の悩みや迷いが
隠れている可能性があります。

そんなときは

「と、いいますと?」

と、先をうながしたり

「そのことについて、
もう少し詳しく聞かせていただけますか?」

というように、内容を深める
質問をするといいでしょう。

すると、あなたの質問に答えるうちに

社長自身の中で考えが明瞭化してきます。

ですから、
話が見えにくいと思ったときは

そのことについて
詳しく話してもらえるように

うながすといいでしょう。

このように、3種類の質問を組み合わせて

社長が抱えている悩みを引き出せば

よりその人に合った提案ができるようになります。

ぜひ、試してみてください。

Pocket
LINEで送る
LinkedIn にシェア

新規営業で社長にアプローチページへ

社長アプローチ資料請求の
お申し込みはこちらから

今すぐご連絡は

Tel:0120-7919-39

mailaddress

無料説明会&相談会申込み

直接詳しい話が聞きたい!記事だけではよくわからない..。といった方向けに
無料説明会を随時開催しております。
お気軽にご連絡ください。

■店舗ビジネスオーナーが対面する課題

  • 1.立地と場所
    ・いい場所はなかなか無くて、良いと思う場所は賃料が高い
    ・家賃は固定費となり、それ以上の収益を上げる必要がある
  • 2.集客
    ・奥まった場所や一本入った場所で契約した場合、店舗に来てもらう必要がある
    ・看板、チラシ、Webサイト、ティッシュ配り、紹介、デジタルサイネージ、ラジオ、テレビなどなんとかして1回目来てもらう集客をする必要がある
  • 3.リピート顧客化
    ・1回来てくれたお客さんを2回目、3回目来てもらう必要がある
    ・口コミで苦労せずに集客が増えていく仕組みが必要
  • 4.組織作り
    ・良い従業員教育が必要
    ・辞める従業員や、不正をする従業員に振り回されるないような組織づくりが必要
  • 5.理想と現実
    ・最終的には広告費をかけずに、ファンが口コミをしてくれて集客に困らないのが理想
    ・麻薬のようなフリーペーパーのクーポン広告を辞めたい
  • 6.外部パートナーの活用
    ・全て自分たちだけでやるのは難しいが、頼りきるもの怖い
    ・できれば自分たちだけでできるようになれば辞めたい

店舗ビジネスラボは上記のような課題に対して、役立つ記事やサービスの提供をしていきます。

今だけ期間限定。
成功者は必ず知ってる
【社長の知恵袋 358】
をメールで受け取る

You might also like...

最安値の競合他社に勝てる『選ばれる会社』になる極意

Read More →